視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように

視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめその24|単性乱視・不正乱視で「見るトレーニング/遠近法/凝視法」でなかなか視力が回復しない理由その1|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

 

近視に加えて乱視が強いと世の中酷い見え方になるワケです。

ただ、夜景は幻想的に綺麗に見えるという特権?もありますけど(^^;)

 

今回は、

良い乱視、普通の乱視、悪い乱視〜視力回復に大きく影響する乱視のタイプ+乱視矯正・補正の疑問+夜盲症(鳥目)、夕方近視、夕方老眼についての疑問のお話|視力回復コア・ポータル

の記事からの抜粋ベースで進めます。

参照元を示していない枠内記事は上の記事からの抜粋となります。

 

良い乱視、普通の乱視、悪い乱視〜視力回復観点から〜

個人的な自己観察として、

ちょっと乱暴ですが、

乱視の見え方の状態別に、

以下の感じで分類出来るんじゃないかと考えてます。

(ぼかした例です(^^;)自分の実際の分析はもうちょっと異なります)

  • 脳内補正がある程度で止まる(諦める)乱視
  • 脳内補正を延々と続ける(頑張る)乱視
  • 脳内補正が止まる(諦める)⇒物理補正が活発になる状態へ移行させ易い乱視
  • 「脳内補正が活発+物理補正が活発」な状態に移行させ易い乱視

 

 

つまり・・・

 

普通の乱視

  • 脳内補正がある程度で止まる(諦める)乱視

 

悪い乱視 

  • 脳内補正を延々と続ける(頑張る)乱視

 

良い乱視 

  • 脳内補正が止まる(諦める)⇒物理補正が活発になる状態へ移行させ易い乱視
  • 「脳内補正が活発+物理補正が活発」な状態に移行させ易い乱視

 

があると考えてます。

 

視力回復を行う上で、この微妙な違いの挙動を押さえて、

より良いルートを選択することも大事なポイントなんじゃないかと考えてます。

 

真・視力回復では、

幾つかの特殊な挙動を利用して、

角膜乱視、水晶体乱視の状態含めて、

脳を反応させながら視力回復(乱視改善)させてます。

 

 

え? それだけ?

 

ん〜、秘密情報を隠しながらだと、ここまでが限界かなぁ・・・

これでも、一旦ボツにした原稿の再生頑張ってみたんだよ?

んじゃあ、もう少しだけ・・・

ってなコトを書きました。

 

今回は、

そもそも何故補正しにくいのか?

についてのちょっとした考察です。

 

 

ピント調節力が十分にあれば、乱視の影響は軽減出来る

まずは・・・

自分が考える乱視の要因箇所

下図は、いつもの手抜きな眼球図です。

乱視のメカニズム(図解)〜乱視の原因となる眼球の部位と症状などー視力回復コア・ポータル

乱視を治す・補正する・軽減する・・・

と考える場合、自分的には概ね以下の要素があると考えてます。

(幾つか除いてますけど・・・(^^;))

(病的な要因除く)

  • 角膜のゆがみ
  • 水晶体のゆがみ
  • 水晶体の変位
  • 虹彩のゆがみ
  • 眼球全体の変形・ゆがみ
  • 網膜のゆがみ

 

もともと眼球レンズは、カメラのレンズのような精巧なものと違って、

どこを通っても、外界の1点が、網膜の1点に完全に集約する

・・・というワケではありません。

 

この為、誰しもが少なからず乱視を持っていると言われています。

微細な乱視は、脳内補正でうまく処理されて気付かないだけですね。

 

直乱視、倒乱視、斜乱視の場合は、

外界の1点が、網膜内の2点に合焦することになります。

 

不正乱視の場合は、

外界の1点が、網膜内の複数点に合焦することになります。

 

乱視は視力値の状態にかなり影響されます。

視力が低いと、錯乱円(イメージ・サークル)が大きくなるので、

1点の光が網膜の視細胞にかぶる領域が大きくなりボケます。

 

不正乱視で近視の場合、そうでなくてもボケて見えにくいのに、

本物として処理したい1点の光以外に、ある意味、偽者の光が

多数網膜に合焦してくるので、映像の分解能が極端に落ちることになります。

 

そして、不正乱視の嫌な所は、

レンズのあちこちに歪みを持っているために、

ある一点に注目した時に、

球面収差、コマ収差、非点収差などが強調されて、

余計に見え方がひどくなる点でしょうか。

像が幾重に重なって見えるだけでなく、

それぞれの像を構成する点までもがブレることになります。

 

視力をアップするためのピント調節力が十分に備わっていれば、

脳の補正力も効き易くなるので、

映像がブレながらもそれなりに視力は稼げるワケです。

こんな感じに↓

やすみん001流(仮)新・視力回復法トレーニングでの視力表の見え方の変化例05_軽く調整

 

でも実際には恐らく上のように見える方は限られていて、

大抵の方は、ピント調節力も不足して

こんな感じ↓に見えてる方が多いと考えています。

やすみん001流(仮)新・視力回復法トレーニングでの視力表の見え方の変化例01_瞳孔開き気味

上の方の図のような見え方だったら、ちょっと頑張ればすぐ治せそうよね?

そう思いますよね?

 

最初からさほど目が悪くならずにこの状態を維持している方であれば、

ちょっとの努力で改善する可能性は高いかも知れません。

 

逆に、今こそ視力低下の予防策を取るタイミングかも知れません。

悪くなり始めると視力低下が加速する可能性があります。

この段階であれば、

一般的な視力回復トレーニングで効果が出る可能性が高いと思います。

 

 


スポンサードリンク

中・強度近視レベルでの乱視の見え方

自分の乱視の場合、

景色やモノは全体がぼやっと、

LEDライトなどの点光源や強い点光源は、光が強いのでぼやっとしながら、

ひどく拡散して見えてました。

 

限りなくLEDライトなどの点光源に近付くとその度合いは落ち着いて来ます。

下図は元々ちょっと意味合いが違う目的で作成した図ですが流用(^^;)

かなり乱視が改善された後のイメージ図です。

実際に強度近視レベルに視力が悪い方は、

個々の光の広がりももっと大きく、もっと輪郭がハッキリしない漠然とした映像になってると思います。

乱視のメカニズム(図解)〜乱視を矯正・補正していく過程での実際の見え方の例ー視力回復コア・ポータル

上図は上段下段に意味があるんですが、今回も詳しくは触れません(^^;)

 

ちなみに、乱視判断用のチャートだと、例えば、こんな感じ↓

2次元図だと伝わりませんが、

自身の体感的には球体にトゲが刺さってるような「立体」に見えてました

乱視チェック・・縦が濃い?横が濃い?何の話ですか?

こんなにひどい見え方の乱視でも治るの?治せるの?⇒治りますね〜|視力回復コア・ポータルより。

 

見る距離でも違ってくるし、眼の状態でも色々と見え方は変ってきますが、

再現性は低いですけど、夜景なんかだと、概ねこんな感じでした。

眼が悪かった時の裸眼での見え方を再現してみた(視力0.02+不正乱視)

眼が悪かった時の裸眼での見え方を再現してみた(視力0.02+ミックス乱視)|視力回復コア・ポータルより。

 

LEDライトや信号機、車のランプなどの見え方にフォーカスすると、

こんな感じ↓です。

(自分の写真じゃないし、見え方の再現を目的とした写真じゃないけどかなり良い感じなので(^^;))

 

重なり合うぼわっと拡大された光源が大量に見え、

遠く離れるほどに個々の点光源と全体サイズが拡大して行く・・・

 

写真の左下の部分が、に近付いてみた場合の割りと分解して見えてる様子、

写真の右下や上部の部分が、点光源がぼわっと個々が拡大しながら重なり合うカオスな様子、

・・・と見れば、結構実際に近いんじゃないかと思います。

Raindrops

(Photo by Sascha Kohlmann)

 

 

 

乱視改善アプローチの色々

とりあえず・・・

乱視が発生する眼の構造上の部位

一般的には、「角膜のゆがみ」が主因と言われています。

「水晶体のゆがみ」は、「角膜のゆがみ」に比較してかなり少ないんだそう。

 

角膜のゆがみが主因?

だったら、自力で治す方法って色々とあるんじゃない?

単純にそう思うんですが、物事そう単純なことばかりじゃない(^^;)

 

自力で治そう!そう思い立った誰しもが思いつくのが、外眼筋のバランス調整ですよね?

上をじっと見て数秒、
下をじっと見て数秒、
右をじっと見て数秒、
左をじっと見て数秒

広く知られている?のがこんな方法です。

 

簡単ですね。

でも、症状が軽い方には十分に効果ありますが、色々と不十分です(^^;)

 

ご参考⇒

 

 

もう少し補足すると・・・

角膜乱視は、直乱視(角膜が上下方向で扁平)が多い ⇒だから眼球の上下運動と眼球固定にて改善

水晶体乱視は、倒乱視(水晶体が左右方向で扁平)が多い ⇒だから眼球の左右運動と眼球固定にて改善

何か納得行くような行かないような説明ですよね?(^^;)

今回は深掘しません。

 

でもまぁ、効果のほどはどうあれ、

水晶体乱視を同時に考えているメソッドはまだ良い方だと思います。

 

次に多いのは、角膜のみを対象に、目をぐるっととかのタイプでしょうか?

 

純粋な乱視のみ・・・なら、それもアリと思いますが、

大抵の方はアンバランスが原因である近視・遠視・老眼併発してますからね。

効果に限りがあると考えられます。

 

さらに、

眼球(角膜・水晶体含)の変形・変位ありで近視になっている場合には、

これらの方法では乱視改善と近視改善にはかなり効果不足であると考えてます。

別に超・短期間で治したいワケじゃないからいいよ?

という向きにはアリと思いますが、

眼の状態によっては、それらの視力回復トレーニングで時間をかければ良くなる

・・・というワケでは必ずしもないのが、

視力回復や乱視改善の難しいところです。

 

さらに、こういう可能性もありますしね⇒

新理論?妄想?真実?乱視のメカニズム図解パターン04〜乱視があると毛様体筋可動範囲が急速に狭まり視力低下が加速する?|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

 

手で押す、手でマッサージ・・・は、個人的にはアリの部類ですが、

脳コントロール絡めて治すにはあまり適切じゃないし

何より危険を伴うであろうことは理解して行うべきでしょう。

 

全ては繋がっている・・・ので、まったく効果が無いとは言いませんが、

食べ物やサプリメントなどの栄養アプローチ、

ツボ・マッサージ・眼球運動系の血流アプローチ、

自身の体感と眼球の状態(感覚的に・・・ではありますが)を考えると、

直接的な効果・効能があるとは考えにくいですね〜

 

もちろん、

自身の「定常入力A理論」での

副交感神経の過剰入力あるいは、筋肉・神経系の過剰発達の抑制

・・・という視点で見れば

何か分からないけど神経にうまく作用して抑制効果が出るかも知れないじゃん?

とも考えられ、効果がある可能性は確かにゼロではありません。

 

・・・が、早期段階で眼球変形・変位に移行していると、

もはや、

副交感神経のシグナル制御だけでは治せない段階に入っている

ので、やはり物理的アプローチも併用必須なワケです。

 

あと、見る・眺める系のトレーニングもありますね?

この辺りは、

乱視改善トレーニングの動画や視力回復・改善アプリが頑張ってます。

 

・・・が、それで治る方は早期や軽度の方のみなんじゃないかなぁ・・・

乱視・近視の酷い方は、すでに「悪い学習」で目の使い方がおかしくなってます

 

普段は意識しない目のトレーニングで、

その感覚をうまく掴めた、思い出せた?方は、

乱視や視力の回復・改善ルートに乗れると思います。

 

・・・が、残念ながら、ほとんどの方は、

世の中一般的なトレーニング方法ではそのルートに乗れないだろうなぁ

・・・と考えています。

 

視力低下人口が増え、どんどん若年化していることや、

特効的な視力回復・乱視改善方法が世の中に広まっていないのがその証拠と思います。

 

 

 

乱視がある場合は視力回復に不利?

普通に考えれば乱視がある方が不利・・・というのは、

感覚的に感じてる方が多いと思います。

乱視は治らない・治せない・・・というのが一般常識になってますしね。

 

乱視は治せない・・・という医学界の常識は無視します。

実際、自分の乱視は相当に改善してますから(^^;)

 

さて、

乱視改善のアプローチをどう取るかで、

視力回復の大きな阻害要因となるかどうかが違ってくると考えてます。

 

ここで、極端な見方をしてみます。

  • 乱視を改善しながら、視力アップを目指す
  • 視力アップしてから乱視改善を目指す

 

世の中の方法は、上ですね。

乱視で余計に見えないんだから、視力アップが先なんてあり得ないでしょ?

常識的にはそうかも知れません。

・・・が、方法は幾つかあります。

 

今回は深堀しませんが、興味あればどうぞ⇒

 

 


スポンサードリンク

どのアプローチがお勧めなの?

  • 乱視を改善しながら、視力アップを目指す
  • 視力アップしてから乱視改善を目指す

 

これは・・・状態や選択によるので一概には言えませんが、

個人の模索・研究と体感から、

極力短期間、短時間での回復を望むならば、

  • 乱視を改善しながら、視力アップを目指す 
  • 視力アップしてから(しながら)乱視改善を目指す ⇒ 圧倒的に短期間

となります。

 

・・・なんて書きながら、今回は、上の

  • 乱視を改善しながら、視力アップを目指す 

についてのフォーカスとなります。

 

 

 

あなたの見ている景色やモノ、実像ですか?虚像ですか?

Q.乱視があると視力回復がなかなか出来ない気がするのは何故か?

これから書くのはこの答えのひとつだと考えているコトです。

 

自分の眼の状態で言うと、

自身の乱視は、単眼でも強烈な乱視で、左右の乱視状態もまったく違う状態でした。

不正乱視なんだから当たり前と言えば当たり前ですけど。

 

先ほどこんな図を出しました。

乱視のメカニズム(図解)〜乱視を矯正・補正していく過程での実際の見え方の例ー視力回復コア・ポータル

 

例えば、

上段の一番左の図、

これが右目単眼で見た時に1つのLED点光源が複数に分裂して見えてる状態として、

その模様や形が左目でまた違う状態になっていると考えていただくと分かり易いと思います。

 

さて・・・

Q.この状態で本来、眼と脳がターゲット(中心点)として捉えるべき実像はどこにあるでしょうか?

 

え?ど真ん中でしょ???

 

そうとは限りません(^^;)

 

自分の場合は、視力回復法を模索して色々やっているせいもあってか、

日々、同じ距離のLEDであっても、中心は極端に変動してました。

そして、目指すべき中心がもやっと見えるものの中心ではなく、

端にズレていることが多かったです。

 

 

 

意識で捉えている中心像が実像とどれ位ズレているか調べる方法

簡単に調べる方法があります。

今回は詳しく書きません(^^;)

 

 

 

虚像に焦点を合わせている可能性が高い

視力が低下している方、乱視が酷い方は特に、

本来合わせるべき光点じゃない方に焦点が合っている可能性があります。

 

乱視の具合によっては、偽者の方が重なり合う光が強くなって、

脳みそが誤認識するワケです。

意識としても、よりハッキリ見えてるのが本物だよね?

そんな意識が働きますよね?

 

それをよりハッキリ見ようと視力回復や乱視改善のトレーニングをしても、

サッカードや固視微動での微細なピント変動で付近に発見出来ないと、

ピント移動が正しく発生しないので見えて来ないワケです。

 

乱視の見え方に囚われずに、大きくピント移動出来る方は、

正しくターゲットを見つけられる可能性がありますが、

難しいと思います。

記憶距離がものすごくしっかりしている方は、これが出来るかも知れません。

 

 

 

1点凝視法

自分でやった時のコツ

凝視法は、1点をぼ〜っと見るんですが、

自分の経験的には、

1点をぼ〜っと見るよりも、

左右上下に視点移動をしながらぼ〜っと見た方が、

眼機能全体のバランスをうまく鍛えやすい気がします

 

以前の記事ではボカして表現してた部分・・・分かりましたよね?

 

乱視が酷い場合、

1点完全凝視の微細ピント変動に頼ると、

更に精細にピント合わせを調節しようとしても、

脳が推測する理想?の視軸上に無いので、

水晶体のピント変動だけで、まともに探せるワケが無いんです。

外眼筋の上下左右動の補助が必要になります。

 

だから、視線がフラついていた方が、偶然見つける可能性が高くなる。

 

 

 

融像⇒立体視と立体感

Q.同一光点を両目それぞれで違う位置をターゲットとして捉えたらどうなるか?

 

例えば、

液晶ディスプレイの縁にLEDがあり、それを見ていたとします。

ほぼ同一平面にあるハズの縁の映像とLED。

 

LEDを左右の眼で違う虚像をターゲットとして捉えたと仮定すると、

視差が出来ますよね?

 

LEDがぼやぁ〜とした上に、何か浮き出て見える、凹んで見える・・・

そんな経験ありませんか?

 

え?全部が虚像を掴んだら、脳の認識上は視差が出ないよね???

いえ、自分の経験、体感からの推測ですが、

光が強いもの、弱いものでは大抵差が出るように思います。

 

薄暗い所での点光源なんかは、

自分の動きに合わせて、

すごく手前に浮き上がった点光源がフラフラと追従・・・(^^;)

あれにくっついてるランプの光だよね???

何でフラフラ動くの?気持ち悪っ!!!

そんな感じ。

 

 

 

融像、立体視の処理の妥協点

コントラストの低い物体は、ディテールが塗りつぶされて全体もやっとして、

コントラストの高い物体は、低い物体よりもディテールが残ったまま競合しつつ、

融像、立体視されます。

 

左右の目で見る映像がかけ離れたものになると、

脳がギブアップして、ある意味妥協された映像になるワケです。

完全にノックアウトされると?、

片目の映像無視で、優位眼の映像だけ使ってしまったりと、

あまりよろしく無いことも起こります。

 

世の中には、眼振が酷い方もいらっしゃるようです。

病的なケースの場合が多いようですけど、

もっと広い範囲を探せば、綺麗に融像出来るところがあるハズ!

と、実像を探そうとする脳の意欲が高い?場合にも起きるのかも知れません。

 

 

 

一般的な視力回復法でなかなか視力アップしないのを改善するには?

大抵は「見るトレーニング」ですよね?

  • ピントが合ってる状態を維持したまま、距離を変動させるタイプのもの
  • 見えそうで見えないところを見えるように頑張るタイプのもの

何れも遠近法、遠方凝視法の類です。

一般的には毛様体筋のトレーニングはコレに類するものしかありません。

 

乱視が強い方の場合・・・

  • ピントが合ってる状態を維持したまま、距離を変動させるタイプのもの
  • 見えそうで見えないところを見えるように頑張るタイプのもの ⇒ 非推奨

となりますでしょうか?

 

  • ピントが合ってる状態を維持したまま、距離を変動させるタイプのもの

これも、注意が必要ですね。

輪郭や表面のディテールが超しっかりと見えてる状態を維持したまま、

ピント移動を行わないとすぐに偽者を掴んでしまう可能性があります。

 

・・・と、一見、お役立ち情報を書いている風にしてますが(^^;)

 

「悪い学習」により、「正しい眼の使い方」が崩れてしまっている。

そんな状態下で頑張ってトレーニングしても、効果は限られる・・・

と考えています。

 

ご参考⇒

脳みそのおせっかいで目が悪くなる〜それを打ち砕くためのガイド・レール理論|新・視力回復法|視力回復コア・ポータル

 

最終的には、繊細なコントロール意識で見るのではなく、

とりあえず見ようとしたら見えた

このレベルまで持ち上げないと視力回復したと言えないと思います。

 

 

ちょっと半端感はありますが、今回はここまで(^^;)

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system