スポンサードリンク

3D立体視(ステレオグラム)などは正しい使い方をしないとかえって目に悪いんじゃない?少なくともこう使うべきじゃない?ってなお話|知りたい!視力回復トレーニング|簡単図解シリーズ09

 

知りたい!視力回復トレーニング|簡単図解シリーズ09|3D立体視(ステレオグラム)などは正しい使い方をしないとかえって目に悪いんじゃない?少なくともこう使うべきじゃない?ってなお話|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

立体視・・・効果がある人と無い人って何が違うの?

まぁ、色々違いますよね?(^^;)

 

それなりに効果のある使い方って出来るものだとは思うんだけど、

ほとんどは、

平行法、交差法、近視には平行法が有効。

とりあえず見てれば眺めてれば、視力回復!

ってな超簡単な説明しかありません。

 

その説明に従って漫然と見ている状態だと、

ほとんど視力回復トレーニングとしては効果が無い可能性があります。

(視力低下の症状が軽い方は除く)

 

最近、

立体視の本を売ってた方が視力回復には効果が無いって公言してるのを知って驚きました(@@)

自分の過ちを自然消滅待ちなら分かるけど、わざわざ自分で言うってのは・・・

考え無しな方なのか?正直な方なのか?・・・(^^;)

 

でも、周囲はそれにお構いなしで、

視力回復トレーニングに3Dは効果ある!

ってな感じで、猛進してますけどね。

 

 


スポンサードリンク

 

ただ、まったく効果が無いってのもそれはそれで間違いじゃないかなぁと思います。

一応、

3Dな立体視は、こう使ったら効果があるんじゃない?

ってなことも少しだけ書いてます。

 

興味あれば次の記事をどうぞ⇒

 

 


スポンサードリンク

リアルな映像と脳内記憶における距離感とのギャップ

・・・その辺りにも視力低下の原因があるのでは?ってなことを書いてる記事です⇒

 

 

ちょっと立体視とは異なる、ガラス・コップのふちを使った立体視な?視力回復トレーニング法(独自)です。

一般的な立体視よりは効果があるんじゃないかと思ってますけど・・・(^^;)

興味あればどうぞ⇒

 

 

視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように
inserted by FC2 system