視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめその20|瞳孔サイズの変化による視力値の変化シミュレーション|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

 

仮定と計算が合ってれば・・・

の前提にはなりますけど(^^;)

 

まずは図をどうぞ

視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめその20|瞳孔サイズの変化による視力値の変化シミュレーション|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

 

その近視状態で毛様体筋を最大限弛緩させた状態の焦点距離を仮定し、

不足する焦点距離による錯乱円の網膜投影サイズを計算、

視力=1/視角(視力1.0⇒視角60分)

から、それぞれの予測視力を計算しています。

 

そして、あくまで無限を見ている時の瞳孔変動幅として、

本当にこの幅があれば・・・という前提があることに注意して下さい。

 

おっと・・・図中のズレ距離ラベルの0.2,0.5はそれぞれ0.02,0.05が正解です。

別の計算表から図用の表に転写する時にそこだけ間違ったようです(^^;)

 


スポンサードリンク

日々の瞳孔変化に伴う視力変化

幼児から成人までの瞳孔サイズをカバーする範囲として、

2mm〜8mmが正常範囲と、とりあえず想定してます。

 

年齢でも瞳孔の変動幅は変わって来て、

年齢があがるにつれ、瞳孔サイズの上限が下がってくるようです。

 

図中では、2mm〜8mmですが、

日常生活の変動幅として、瞳孔があまり変動しない方だったとしても、

2mmは変動するでしょ?

と、図中に丸で囲った部分があります。

 

それを読み取ると、

視力値としては、0.6〜0.8の変動があるワケです。

もっと瞳孔の変動幅がある方だと、

それだけ1日の中での視力変動幅が大きいことになります。

 

 

 

縮瞳を鍛えて視力アップ!

通常は、輻輳と縮瞳は連動していますが

開散状態で縮瞳だけ出来るようになれば

ピンホール効果による視力アップが可能となるわけです。

 

ただし、図を見て分かる通り、

いわゆる臨床的な縮瞳限界の2mmを超えていかないと、

視力1.0や視力2.0は出せないことになります。

 

ちなみに、

瞳孔サイズを0.5mmと仮定すると、視力値は8.809となります。

(あくまで自分の計算上は・・・です)

 

 

 

勘違いルート

以前の幾つかの記事でも縮瞳に関することを書いてますが、

視力回復トレーニングのやり方を間違えたり、

視力アップ効果の確認の仕方を間違えると、

これにはまる可能性がありますので注意が必要ですね?

 

 


スポンサードリンク

関連記事: とりあえずざっと目に付いたものを・・・

 

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system