視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

視力低下と脳の分解能と文字認識の関係+乱視と脳のモード?|視力回復コア・ポータル

Brain Washing

(Photo by Bill Brooks)

 

自身の経験と体感から(医学的に正しいかは不明ですが)、

脳にある種のモード(状態)を切り替える閾値があると想定しています。

今回は、「文字を文字として認識する」という視点で見た場合のお話です。

 

それなりにピントが合ってる気がするのに文字として認識出来ない

このような現象の場合、一般的には、

単純に物理的な視力が足りてないから・・・、

特に中心窩で、文字をしっかりと捉えられていないから・・・、

などと原因が語られると思います。

 

内部現象的に捉えれば、

網膜に映った映像が脳が求める最低限の解像度でクッキリしていないので、

脳が文字としてうまく認識出来ていないから

・・・とも言えます(素人の見解です)

 

ただ、

その「ぼやっとした映像も文字情報」であると、脳に認識させられれば、

視力が十分に足りていない状態でも文字は読めるようになると推測します

 

 

文字として見えるようになる2つのパターン

ぼやけた文字が文字として見えるようになるには、

2つのパターンがあると考えています。

 

1.ピント調整力(主に毛様体筋)があがって、脳が文字として認識出来た

2.脳の映像解析の閾値が変化して、ぼやけた文字のまま、脳が文字として認識出来た

 

2の場合は、

生まれもって?学習して?脳が持っている映像認識力が向上した・・・

と言い換えても良いかも知れません。

 

これはこれで使ってない能力を活性化させるひとつの答えと言えますが、

視力回復を目的とした場合、上の1番が理想です。

 

 


スポンサードリンク


内眼筋を鍛える一般的な方法(1点凝視法)

1.ピント調整力があがって、脳が文字として認識出来た

を実現する場合、

 

自分が知っている一般的な方法だと、

凝視法

あたりになるでしょうか。

 

やり方は簡単で、リラックスしてぼ〜っと眺める・・・という方法です。

 

一点をピントや視線を「かたく」固定してじっと見てはいけません

固視微動(flick、drift、microtremor)

衝動性眼球運動(saccadic eye movement、SEM、サッケード)

などの現象をうまく誘発して、毛様体筋や脳を活性化するのがコツになります。

・・・と自分は考えています。

 

関連⇒【視力回復の研究】ピラミッディング〜眼球運動異常が治った効果+自分の一重は重度の眼瞼下垂だった!

 

慣れてくると、意識的に、

眼球が激しく動く位の強烈な眼球の動きを発生させるコトも出来ます

 

自身の経験的には、

「凝視法」は、視力回復のツールとして有用な方法と思いますが、

その性質上、短期間で大きく視力をアップさせる効果を求める方法では無いと思います。

 

主に、

毛様体筋を弛緩(リラックス)させる

視軸の微細なズレを補正する(脳に認識させる)

ピント調節の微細なズレを補正する(脳に認識させる)

脳みその繊細な眼球制御力と映像認識力をアップする

という目的で使うのが効果的と考えています。

 

有用ツールではありますが、

「凝視法」だと時間のかかるトレーニングになってしまうので、

コア・メソッドには取り入れていません。

あくまで有用で自身も体験のあるメソッドとしての紹介です。

 

 

眼球は微細な震えが無いと見えなくなる

映像情報は、純粋に網膜に映った生の映像がダイレクトに脳みそに届くのではなく、

眼球の中にある視細胞から視神経に至る経路の細胞内で、ある程度の前処理が行われます

 

その前処理のひとつに、「継続した同じ光刺激は無視する」という挙動があるそうで、

じっと本当に凝視していると、脳みそに送られる映像信号から除外されてしまうようです。

 

見えているのに見えなくなる。

つまり、網膜には映っているのに、脳内映像にはそれが無い・・・

という奇妙な状態になってしまう・・・

それを防ぐのを目的として、微細な眼振を起こす固視微動がある、

というのが、眼機能の研究者達の見解のようです。

 

そして、

目が悪い方は、そもそも固視微動が普段から起きていない傾向が強いらしいです。

毛様体筋がカチコチに緊張して微動を起こせないでいるのか?

目が悪いことで使わないことに慣れてしまったのか?

 

そういう意味では、

固視微動やサッカードの挙動を意識する、意識的に誘発する・・・

というのは、

眼球状態を正常化するという視力回復の理にかなっていると言えます。

 

 

自分でやった時のコツ

凝視法は、1点をぼ〜っと見るんですが、

自分の経験的には、

1点をぼ〜っと見るよりも、

左右上下に視点移動をしながらぼ〜っと見た方が、

眼機能全体のバランスをうまく鍛えやすい気がします

 

 

乱視と文字認識

酷い乱視だと、低視力な状態から、文字認識の邪魔になりますし、

微細な乱視でも、高視力な状態だと、文字認識の邪魔になります

 

高い視力になるほど、乱視の解決が必須だと思うようになります。

 

 

乱視の原因

乱視になっている主因がどこにあるかで対策が変わってきます。

網膜、視神経や脳などの病的なものを除けば、

・水晶体の歪みなのか?

・角膜レンズの歪みなのか?

・眼球内の光経路上に問題や障害物があるのか?

あたりがターゲットになります。

 

ちなみに、自分の場合は、

飛蚊症でもあるので、邪魔な位置にゴミが来ると脇に寄せる必要があります。

 

そもそも乱視になる原因についてはここでは触れませんが、

乱視を誘発する原因は結構多いです。

 

まずはそれを確認するのが乱視改善の第一歩と思います。

ご参考⇒軸性近視に移行する原因とプロセス〜子供と成長期と一重まぶた(パターン01)〜

 

 


スポンサードリンク


乱視改善のトレーニング

一般的に、

・水晶体の歪みは、毛様体筋などの内眼筋系トレーニング

・角膜レンズの歪みは、外眼筋でのバランス系トレーニング

辺りが行われているようです。

 

確かに、

乱視の症状が非常に軽い方はちょっとしたトレーニングで治る可能性が高いと思われます

 

 

自分は歪みが酷い不正乱視(MIX乱視)です。

 

視力回復トレーニングを模索し始めた当初に比較すると、

乱視は明らかに改善していますが、まだまだです。

 

これは、研究・模索をする為に、敢えて強力に改善していない為ですが、

コア・メソッドのみのトレーニングで相当に状態は良くなると推測しています。

 

ただし、

酷い乱視が完全に治るのは難しい、あるいは時間がかかるケースが多いだろうと想定しています。

 

乱視は治せないの?

いえいえ、そのケースはアジャスト・メソッドで補完・補正するコトで対応可能です。

 

 

何か引っ掛かる?

そう感じたあなたは鋭い(^^;)

コア理論を掠ってしまうので、ちょっと詳しく書けないのでスルーして下さいm(_ _)m

 

 

脳の分解能?

乱視を補正するとどうしても、レンズの屈折力に変化を与えてしまいます。

そうすると、

脳が期待する眼機能のバランスと閾値がズレ過ぎて、

うまく文字として認識出来ない状態になるコトがあります。

 

先に書いた「凝視法」などで、

新しいバランスを脳に教え込むコトになるんですが、

それらの方法でも、なかなか見えるようにならないコトがあるワケです。

 

正直ちょっと自身が無い部分はあるんですが・・・

どうも、

脳にある種のモード(分解能の状態)を切り替える閾値があるように思えます

自身で考案した分解能をアップするメソッドを加えてあげると、

上のようにうまく見えない場合でもちゃんと見えるようになります。

 

 

乱視の状態は改善しているハズなのに視力アップの効果がいまいち出ない

乱視を改善するトレーニングで乱視自体の状態は改善しているハズなのに、

なんだか視力アップの効果がいまいち出ない・・・

 

そんな方は、ある種の脳みそのスイッチがうまく切り替えられていない

 

・・・という、

ちょっと別視点のトコロに原因があったりするんじゃないかなぁ・・・

 

と考えています。

 

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 軸性近視回復ナビ(やすみん001流(仮)新・視力回復法)(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system