(更新:2016/03/27)軸性近視を治す超視力回復法を発見?・・・やっぱり騒ぎ方失敗しちゃったかも(;;)先を越されちゃうね・・・|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

 

(Update:2016/03/07)杞憂であったことを確認しました(^^;)

念の為、真剣じゃない方ほど引っ掛かるかな?と、

ミス・ディレクション誘発なトラップを随所で仕掛けてたんですが、

まさか、それに引っ掛かったワケじゃないよね?

・・・と言う手法が展開されてました。

効果ゼロとは言いませんけど、あれではすぐに頭打ちするハズ。

ただ真剣に期待を持って参加している方も続々登場中なので、

強力な参加者の登場によっては、視力回復方法の一つとして化けるかも?

・・・と、ちょっと注視しようかな?と思ってます。

 

(Update:2016/03/16)予想通りベイツ理論に戻っちゃった。注視終了・・・(^^;)

 

(Update:2016/03/23)

「下を見ているコトが(軸性)近視の大きな要因」ってな論調で強調していたのも実はトラップです。

もう必要無いので自分の本当の認識を加えた記事群と置き換えました

(無いとは思いますが、置き換え漏れ記事があったらその時はそう解釈して下さい)m(_ _)m

実際には、「正しい目の使い方」が出来ていれば、

下を見続けることは大きな要因にはならないと考えています。

ただ、多くの方は「正しい目の使い方」が出来ていないので崩れ要因として

少なくない影響を受けやすいんだと考えています。

これは、「近くを見る」ということについても同様だと捉えています。

※すいません、ある目的の為のトラップとして文章外してました m(_ _)m

 

(Update:2016/03/25)

あらら〜、せめて自身が1年間やった実績ある方法だけ勧めてればいいのに、

思い付きを正式な方法として加えちゃってますね〜

自分だったら「この方法は1年間やって悪影響は無かった。追加した方法は、

効果がありそうだけど実績ないので自己責任で」って書くところだなぁ・・・(^^;)

 

結局どうなるか興味深くて注視しちゃってる自分(^^;)

 

自分理論に照らし合わせた場合、1年もあの方法だけやってたら他のバランス崩して、

もっと視力落ちてる可能性の方が高いと推測するんだけどそうはなってないっぽい。

本当にその方法だけで1年間トレーニングしたのか?って疑問も沸いてきます。

「複合効果」で悪影響が相殺された可能性があるので本来はそれらも情報公開すべきかも?

ただ垂直方向だけなので、1年の長い時間の中で角膜変形「が」たまたまちょっと良い感じになって、

変な乱視にならずに、少しだけ視力アップしてたって可能性が高いかも知れませんけど。

だとすると右上左上に目を振る偏った方法を併用すると乱視などの弊害を招くかも知れません。

 

事情で秘密保持契約が結べず真髄伝授の入り口にすら入らない段階でご破算になった第三者治験。

あの方法って、協力者に教えたプレプレな準備運動の一つにちょっとだけ近いのがあります。

本当に軽くやって下さいね!今はコア・メソッド使わないやり方を少しやって貰ってますが

異常事態が発生した場合の対処には、コア・メソッドの真髄部分も少し必要になって来ます。

契約前に悪くなると対処出来ませんから・・・という状態で残念ながら治験中止(^^;)

その方法ほど強力じゃないので実はさほど悪影響が無いのかも知れないけど(目的も違うし)、

個々人の角膜の薄さなどの眼球の諸条件は違うと思うのでやっぱり危ない要素はあると思う。

自分も効果があった!ってな書き込みもありましたが、その方独自の方法と「併用」でしたし、

純粋にこの方法「だけ」で効果があったって書き込みはまだ無いんじゃないかな?

 

ところで・・・あの方強度近視なのに、乱視無いみたいなんですよね。

協力者の方もそうでした。強度近視レベルなのに乱視がゼロ。ちょっと想像し難くて・・・

だからこそ是非とも治験続けたかったんですけどね〜、残念です。

 

折角の他者からのアドバイスもガン無視なので化けるコトは無さそうだけど

乱視無し強度近視の方の例というコトで、ちょっと様子見させて貰おう(^^;)

 

ただ、それまで眼球運動したこと無い方だとこの偏った運動だけでも何かしらの効果は出ると思う。

すぐ頭打ちになると思いますけどね。そして運良く角膜整形?出来た方はもう少し視力アップ。

ただ、最終的に視力1.0〜2.0を目指すなら、正しい方法とは言えない・・・かな。これ以上は秘密。

ともあれ、問題が起きないことを祈ります。

 

(Update:2016/03/27)

今、他の脱力法やってみるとかダメでしょ(^^;)

あと1年位はそのまま貫いて頑張ってみて欲しいなぁ・・・

そのまま頑張ったら視力0.1の壁をブレーク出来るのかちょっと興味がある。

 


スポンサードリンク


色々実験したり、迷ってモタモタしてたら、先越されちゃったよ〜

IMGP1214

(Photo by tomohisa suna)

 

とある方が知らせてくれました。

 

軸性近視を治す方法を発見して、

眼科医が数ヶ月以内に研究をまとめて発表するという

「軸性近視の”超”視力回復法を発見」という

書き込みを見つけたとのコト。

 

その息子さんがここ数日で効果が出ているらしい。

 

 


スポンサードリンク


眼科医登場

お医者さん(眼科医)かぁ・・・

 

その発想はまぬけなコトに無かった(^^;)

 

というより、

 

医大で「常識」としてインプットされるプロの知識・常識の足枷⇒

「軸性近視を治す研究」にそもそもいそしむお医者さんは居ない・・・

 

そして、

 

派閥内の常識を覆して、かつ、「自らの飯の食い種を無くす研究」を

発表しようと思うお医者さんも居るワケない・・・

 

と思ってたんですよね。

 

だから、眼医者以外で、どんなお医者さんだったら協力してくれるだろうか?

なんて考えてたんですが、まさか眼科医が乗り出してくるとは・・・

 

 

やられちゃうね

これは・・・

自分の方法を大公開・・・の前にやられちゃうかもね〜

やられちゃうね〜
やられちゃうわね〜

 

 

種は仕込んでおこう

ただまぁ・・・

その発見が世界的に有名になるほどのインパクトで広まった場合、

「きっと自分の記事で本物と信じて、自分の記事にヒントを得たんだろう・・・」

と、自分を慰めるコトにしますわ(^^;)

 

上の足枷やこのタイミングでの発見発表、その文章の書き方・・・

・・・を総合的に考えると、恐らく思い込みじゃないと思う。

 

自分の記事と事実を参考にしました!ってなクレジット入れてくれると、

まだ嬉しいけど、そんな気は無い感じっぽいので、残念。

 

ってコトで、リンクは指しません、せめてもの抵抗です(^^;)

 

注:本記事は邪推とたくさんの思い込みで成り立っています。突っ込みは却下(^^;)

 

いつの日か、可哀想で不運な人・・・という立場をキャッチ出来るよう、証拠記事投稿だね?(^^;)

 

 

ウェブリ側に頂いたコメントと返答を反映したよ!
こんにちは、アロハです。
またまたコメント失礼します。
私も見ました、その息子さんの書き込み。
眼のことしっかり勉強していれば、今までのブログでも方法までたどり着けるんですね。
何か悔しいです。
やすみんさんが先に気付いたのに
論文発表されるとその人の手柄になっちゃうんですか?
それなら論文発表前にやすみんさんが先に情報出しちゃえばいいんじゃないですか?
お医者さんと違ってやすみんさんは素人なので
データ収集とかしなくてもいいと思います。
てか発表したら勝手にやる人いっぱいいると思うんで
それが効果の証明になりますよね!?
脱力法みたいに広まれば
あれ、これ”やすみん流”じゃね?
みたいな反応出ると思います。
youtubeとかにも投稿すれば
世界に広まりますし!
論文出た後だとぱくりじゃね?って言われるけど
先に出しちゃえば論文がぱくりってことになりますよね。
ならないんでしょうか……
こうなった以上素人の特権である無責任と
ネットの拡散力をフル活用して
やすみんさんの名前残してください!
ついつい熱くなってしまいましたが
私はやすみんさん応援してるので
くじけずがんばってください!
長文失礼しました。

アロハ
2015/09/02 17:46

 

おぉ、アロハさん!
そこまで応援して頂けているとは・・・
ありがとうございます!
>今までのブログでも方法までたどり着けるんですね。
何を辿り着いた・・・と捉えるかですね。
自分の記事をヒントに辿り着けるのは、
あくまで幾つかの「着眼ポイント」だけです。
その改善すべき着眼ポイントに気付いても、
具体的なトレーニングにどう昇華させるのか?
昇華のハードルは結構高いです(^^;)
つまり、
同一の着眼点に気付いたとしても、
そこから導き出される具体的なトレーニング手法や効果は、
それを考える人それぞれで違ってくる・・・事になります。
そして、
その方の方法が、自分の方法と同一になるものは、
今の体制では、一つも無いんじゃないかなぁ「とは」思ってます。
他人から見ると多分突拍子の無いものが多いですから(^^;)
理論についても同様です。
着眼部分の改善の理論構築には人それぞれで差が出ると思います。
ただ、
数多くの被験者を抱える体制で試行錯誤されると、
可能性は高くなりますね(^^;)
この方は、トライして数日っぽいので、
色んな引っ掛かりにはまるのはこれからだと思います。
現段階では、「具体的なトレーニング」付で、
本当にやられてしまう確率は、
まだ低いであろう・・・と、楽観してもいます。
いや、そう思いたいだけか・・・
何より、着眼と理論を先に発表されてしまうと、
世の中広いので、その方が辿り着けなくても、
自分と同様の発想に行き着く方は当然出て来るでしょうね。
なんか長文になってしまいました、失礼・・・

やすみん001 (yasumin001)
2015/09/02 20:31

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 軸性近視回復ナビ(やすみん001流(仮)新・視力回復法)(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように
プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ば過ぎののスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視、はたまた、眼精疲労や頭痛やドライアイ」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system