視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように

軸性近視に移行する原因とプロセス〜屈折性近視と軸性近視(図解パターン02)〜+雑談(屈折性近視の疑問と治すための考え方など)

 

軸性近視に移行する原因とプロセス〜子供と成長期と一重まぶた(パターン01)〜

の続きです。

 

視力低下の仕組み・・・屈折性近視から軸性近視になってしまう原因とプロセスについて考えるわよ? 今回は特に、屈折性近視って本当にあるの? 仮性近視の一種なだけで、本当は軸性近視の仲間なんじゃないの? というちょっと突っ込んだ内容にもなってるわ!
へぇ、何か面白そう・・・
もちろん、誰もこんなコト書いてないし、医学に精通していない素人考えってコトは念頭においてね!

 

 

今回も、特定要因とケースに絞ってのお話となります。

 

 

眼精疲労⇒近視化の要因としてのピント・フリーズ現象

眼精疲労⇒近視化のメカニズムとして、ピント・フリーズ

つまり、水晶体と毛様体筋が緊張したまま固まってしまう現象がある

・・・と、一般的には説明されます。

 

これが、屈折性近視の主な原因である

・・・と、言われてるんですが、

 

正直、個人的にはそんな単純じゃないんじゃない?

と思ってます(^^;)

 

このコトを念頭において読んで頂ければと思います。

 

 

さて、

前回同様、眼をデフォルメした図で書いてみます。

 

 

正常な眼

外枠が頭蓋骨の眼窩、

今回のパターンでは右目を上から見た図

・・・という、想定です。

 

眼窩内の眼球は、

外眼筋との適切なパワーバランスで収まっているために、

スムーズに眼球を動かせるコトになります。

屈折性近視・軸性近視になるプロセスとメカニズム(パターン2)01

 

 

近くのモノを見る場合(眼球の輻輳)

近くのモノを見る場合、

眼球は輻輳(寄り目)し、毛様体筋の緊張をトリガーとして、

結果的に水晶体が膨らむ方向に作用します。

(実際には、毛様体筋の動きはもう少し複雑ですが省略(^^;))

 

毛様体筋が弛緩していると水晶体が薄くなり、

人間の眼の場合、無限遠にピントが合ってる状態が正常な眼の状態

・・・というコトになってます。

 

6つの外眼筋の協調動作で、眼球の位置がコントロールされます。

 

 

説明の簡略化のため、

外直筋と内直筋の作用のみ図に示しています(オレンジ矢印)。

 

下図は、水晶体が膨らんで、近くにピントが合っている・・・

という状態ですね。

 

屈折性近視・軸性近視になるプロセスとメカニズム(パターン2)02

 

 

スポンサードリンク

 

目を酷使し、近くを見続けた場合 ⇒ 更に内眼筋が疲れた場合

ピント・フリーズが真の原因と考えた場合は、

これで屈折性近視になってしまうというコトになりますが、

色々なパターンを考えると、軸性近視へシフトする現象への

説明に納得いかないものが多いです(^^;)

 

ここでは、敢えて、

内眼筋(毛様体筋など)が緊張疲れして、

水晶体の膨らみを維持出来なくなったというケースを考えて見ます。

 

当然、近くのモノにピントが合わなくなります。

 

 

内眼筋が疲れても近くが見えるための条件?

水晶体のピント調節力が機能不全な状態で、

これまで通り、近くのモノへのピント合わせを維持するには、

眼は、どうなれば良いか?

 

想定される答えは2つ・・・

・角膜レンズの屈折力を上げる

・水晶体と網膜の距離を長くする(眼軸伸張)

と考えられます。

 

 

 

内直筋が更に頑張ると?

さて、

内眼筋よりは外眼筋の方がパワーもスタミナもありそうです。

 

ここで、内直筋が更に頑張ると仮定します。

眼窩内脂肪などとの圧力や、

内直筋と外直筋などのパワーバランスの条件によって、

眼球が変形する、たわむ現象が発生すると考えられます。

 

眼球内側前方の球面が押し付けられて平面化する箇所が出てくる、

内直筋付近の強膜に縮む方向の力が加わる、

外直筋付近の強膜には逆に伸ばす方向の力が加わる、

角膜レンズの変形を誘発する、

・・・などが考えられます。

 

ベイツ理論では、

図に示していない斜筋が眼球の締め付けが解けなくなる・・・

というのが視力低下の原因と謳ってますが、ここでは無視します。

 

いきなり、眼球全体のたわみで、眼軸が伸びるとは考えにくいので、

ここでは、角膜レンズの変形でピント維持出来たと想定します。

 

まとめると、

外眼筋が頑張る ⇒ 角膜が膨らむ方向にたわむ ⇒ 水晶体の(不足した)厚みを補完

ってな感じでしょうか。

 

 

問題はここから

問題はここからです。

 

こんな状態を何日も続けるとどうなるか?

色んなケースが考えられますが、

説明の簡単化のために状況を絞ります。

 

 

 

角膜変形が常態化したケース

不幸にも、角膜レンズの変形が常態化してしまったケースを考えてみます。

(恐らく乱視も併発しますよね?)

 

角膜レンズの補完でピント自体は十分なので、

内眼筋(毛様体筋)がさぼりがち(弛緩気味)になって、

水晶体の膨らみが不十分な状態が常態化します。

 

角膜の変形が固定したので、

角膜レンズのたわみ・ゆがみ・変形の元々の要因であった

外眼筋も前ほど頑張る必要がありません。

 

逆に頑張ると、ピントが合わなくなるので、

正常時よりも全体的に緩み傾向になるかもしれません。

 

眼球全体と外眼筋のパワーバランスが崩れて、

眼球全体が前方に押し出される力が強くなる可能性がありますね?

 

まとめると、

内眼筋がさぼる ⇒ 外眼筋がさぼる ⇒ 眼球全体が前に飛び出す

ってな感じでしょうか?

屈折性近視・軸性近視になるプロセスとメカニズム(パターン2)03

 

 

 

 

眼球の前方移動が常態化したケース ⇒ 軸性近視の誘発

眼球が前方移動気味になると、

更に外眼筋のバランスが崩れ、更に力が弱まり、

眼球内眼圧のバランスも崩れて、眼軸が伸びやすい眼環境になりそうですよね?

 

この部分は、パターン01のケースと同じ状態ですね。

屈折性近視・軸性近視になるプロセスとメカニズム(パターン2)04

 

 

 

 

 

でも、大きく違う部分があります。

 

水晶体はすでに薄いのに、眼軸が伸びた最悪の状態???

さて、

こんなプロセスで視力が低下してしまい、軸性近視にまでなってしまった場合、

水晶体(赤い色)は、屈折性近視の原因で言われているように

限界まで膨らんで固まってるワケではありません。

 

眼軸の伸びを屈折調整力でカバーするのが、軸性近視のひとつの解決策ですが、

逆にすでに薄い傾向なんですよね。

 

こんな状態の場合、

一生懸命、

ヘルムホルツ系の内眼筋のトレーニングをしてもなかなか視力がアップしない・・・

改善幅が無いんだから当然ですよね?

 

もちろん、

ベイツ系の外眼筋トレーニングを軽くやったところで効果がありそうに思えない

 

屈折性近視・軸性近視になるプロセスとメカニズム(パターン2)05

 

 

スポンサードリンク

 

目を酷使し、近くを見続けた場合 ⇒ ピント・フリーズのケース

一般的に言われている屈折性近視の主たる要因、ピント・フリーズ。

 

本当に「屈折性近視って多いの?」

本当に「ピント・フリーズって現象は起こってるの?」

 

という疑問が沸々と沸いて来ます(^^;)

 

 

自身の模索と経験からいくつか発見した、

脳みそと外眼筋と内眼筋の挙動なんかを考えると、

何かピント・フリーズの状態でずっと常態化するって、

なんか考えにくいんですよね〜

 

 

最初に書いたように、本当は、

 

事実上、「屈折性近視」⇒すぐに「軸性近視」に進行・・・

 

という構図が成り立ってたりして・・・(^^;)

 

 

 

この状態を改善するには?と考えると・・・

スマホやPCのディスプレイなどの小さい画面を使ったソフトや

アプリでいくらトレーニングしても、

脳みそを鍛えれば視力が回復するよ?・・・なんて言われても、

マッサージして血行を良くすれば目がよくなる!なんて言われても、

1日たった数分のトレーニングで視力が超回復!なんて言われても、

食べ物やサプリや目薬で簡単に治る!なんて言われても、

簡単・軽いトレーニングで視力アップ!なんて言われても、

何か治せる気がしませんよね?(^^;)

 

 

まずは、

根本的な原因・要因をキッチリと把握して、

本当に適切なトレーニングを選択して適用する・・・

だと思うんだけど、世の中の手法の流れはそうなってない(^^;)

 

 

子供向け視力回復の領域で、

上で否定したツールやトレーニングでも、

結果もそれなりに出てるっぽいのは、

やっぱり、子供には「仮性近視」が多いから・・・なんでしょうね?

 

 

軸性近視になるパターンのおかわり?

ん〜たぶん、公開出来るのは、ここまでかなぁ・・・

 

前回のパターン01でも公開出来るのここまでかなぁ・・・

とか書いていながら、この記事書いてるワケだけど、(^^;)

多分・・・公開出来るのは本当にここまで・・・かな?

仮にあったとしても視点を変えた焼き直しレベルと思います。

 

 

 

とか言いながらパターン追加してます(^^;)

 

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 新・視力回復法|コア・メソッド〜軸性近視からの回復(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system