視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

1日数分のトレーニングでは不十分、だから、特殊な方法で日常を終日トレーニングに変えて超短期回復するコンセプト(仮性近視/屈折性近視/軸性近視/乱視/老眼/etc...:大人から子供まで)|知りたい!視力回復トレーニング|簡単図解シリーズ10

 

知りたい!簡単図解シリーズ10 1日数分で視力回復? 長年かけて目が悪くなった方は、それなりの時間をかけないと視力回復が難しいことが多いと思う ⇒オーバーシュート理論と特殊なメソッドでカバーし、日常生活を視力回復トレーニング時間に変える新手法 真・視力回復法 視力回復コア・ポータル

 

トレーニング時間については、一般的な視力回復法と間逆のコンセプトです。

 

長い時間をかけて、変形要素のある視力低下・・・

 

簡単な眼球運動やストレッチ、

簡単な脳みそ的な刺激、

自身の経験からしてもそれらの方法だけでは治る気はしません(^^;)

 

もちろん、症状の軽い近視は別ですが、

大抵の方はそうではないと考えられます。

 

 


スポンサードリンク

 

 

視力2.0を超えていた小学生の頃の感覚は残念ながら思い出せませんが、

最低に目が悪かった頃の記憶と較べると、

明らかに「眼の使い方」は大きく変わってます。

 

もちろん、明らかに「眼の状態・使い方」が変わるような

視力回復トレーニング法としているので当然ですが(^^;)

 

 

 

実際には、視力回復に至るルートはいくつもあると思います。

・・・が、

現在ある色々な視力回復法、視力回復メソッド、

ネットで知れる限りの情報を見ている限りは、

簡単!短時間!1日たったの・・・と、

超短時間トレーニングで効果を謳うのがトレンド?です。 

 

でも、それでは、軸性近視はじめ、眼球の変形・変位を伴っている、

症状の重い近視の眼を高確率で治せるとは考えにくい・・・

そもそも数年スパンで治そうとするやり方を短期間に無理やりあてがってるだけだよね〜

とも思えます。 

 

そして、

世間で何となく認識されている以上に、

眼球の変形・変位を伴った視力低下というのは実は多いんじゃないかと思います。

 

絶対!ではありませんが、

少なくとも自身の経験・体感からすると、 やっぱり、

一日ちょっとの視力回復訓練では超短期間で治せるとは思えないんだけどなぁ・・・

というのが正直なところ。

 

もちろん、たしかに、超特殊な方法は存在します。

脱力法だったり、自身のゾーン強制法だったり。

 

でも、

1分とか5分とか謳われてるような一般的なトレーニングでは、

こんな要素はカケラもないですからね〜

ごく一部の方しか、大きな効果は得られないんじゃないでしょうか?

 

あまりメカニズムについて細かく書けないところがちょっと歯痒いところですが・・・(^^;)

 

 


スポンサードリンク

 

 

欲張るとあれもこれもになるので、ちょっと今回のはピックアップしにくい・・・(^^;)

興味あれば、まずは次の記事あたりからどうぞ⇒

 

 

 

2016/03/21 追記:(^^;)

ただし、人前ではやりにくい(恥ずかしくて?)トレーニングもある

これは、ある目的のちょっとしたトラップ文言でした。

人前ではやりにくい、恥ずかしいトレーニングなんてありません(^^;)

目的を果たしたっぽいので削除(無いもの)と解釈して下さい m(_ _)m

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system