視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

子供の近視の原因と予防策 ⇒成長期対応の近視予防策に全然なってないよね?|何もしないよりは何かをした方が良い ⇒アイアイ体操はそういう意味では本当に良い試みだと思うですけどね〜 【図解】【近視のメカニズム】子供が近視になる本当の原因と理由を5つのパターンで分析(毛様体筋主体の視点から)その6〜

 

一般的には眼球変形・眼球内変位を併発しない前提で捉えられている近視ですが、

仮性近視(偽近視)や屈折性近視の段階で少なくない方々が併発していると考えています

 

5つのパターン分析では、眼球変形・眼球内変位を絡めて考えて来ました。

 

以下の表は、

その考え方を近視の種類と、ベイツ、ヘルムホルツの2大説で治せるかどうか?

に適用した表となります。

 

近視の種類(タイプ)と原因、そしてベイツ系、ヘルムホルツ系メソッドで治せるかの判定表

【近視タイプの新分類】 コリ性近視、変形性近視、混合性近視ってのはどう?(^^;)

近視の種類と近視の主因とヘルムホルツ・ベイツ2大説の視力回復トレーニングで治せるかどうかの判定表を作って見た+いっそこう分類したら良いんじゃない?の勝手分類


 

上の表の補足

これまでの5つのケース(パターン)を思い浮かべて頂くと、

なるほど・・・と納得し易いと思います。

 

この表では細かくなり過ぎるので表現していませんが、

  • 眼球変形を伴っていないけれども、「毛様体筋のコリ」がなかなか取れないケース、
  • 眼球変形を伴っていないけれども、外眼筋がバランスを崩しているケース(斜視や不同視要因)
  • 眼球変形と言えない眼球成長過多で実質軸性近視になってしまっているケース、

なども考えられるわけです。

 

同様に、細かくなり過ぎるので2大説として、ベイツ、ヘルムホルツだけを取り上げました。

  • ヘルムホルツ系の内眼筋主体のトレーニング・・・遠近視訓練、遠方凝視訓練、遠くを見るなど
  • ベイツ系の外眼筋主体のトレーニング・・・外眼筋リラックス主体のバランス調整

 

実際には、

  • 外眼筋強化系・・・外眼筋を鍛える(リラックスではなく)
  • 血流強化主体系・・・温める、マッサージ、ツボ療法など

などもあります。

外眼筋強化系は、特にその効能・効果を考えると、ベイツ系とは厳密に分離すべきと考えます。

 

実際に効果的な視力回復法とするには、

脳機能の挙動など他の要因も含めて総合的に手法を考える必要があります。

ベイツ理論にも脳機能と眼機能の連動を高めるイメージ主体のトレーニング方法もありますが、

それでは足りないので、ここで言う手法は、ベイツ理論にも含まれていない手法を指すことになります。

 

 

 

子供の成長期を仮定・・・しているけれども40代手前までは眼球は成長する

ここでは、単純化のために眼筋が主因である仮定で話を進めます。

 

近視 - Wikipediaより抜粋。

近視は、通常8歳から12歳までの間に発現し、
殆どの場合青年期を通じて徐々に進行し、成人になると頭打ち
になる。

ただし、
20代前半からおよそ37歳までにかけては眼球が成長するので、
誰でも例外なく近視の方向に屈折状態が変化する。

ということのようです。

 

20歳を過ぎての近視だから、屈折性近視でしか有り得ないわよね?

という考え方は出来ない・・・ということでもあります。

 

つまり、20歳を過ぎて成長期が終わっているから、軸性近視はこれ以上進行しないよね?

という安心感を持ってはいけない(@@)

 

・・・と、

これは、現状の世の中の大半の認識である眼球成長に伴ってだけ眼軸長が伸びると仮定した場合。

 

眼球変形による眼軸長の伸びが有り得ると考えると、成長期も年齢も関係なく、

いつでも発症しうるワケですよね?

 

ちょっと子供の話から逸れ過ぎました(^^;)

 

 

スポンサードリンク

 

子供の近視発症パターンと近視治療とトレーニング

子供の場合は、大人よりも厄介です。

ここでは、人によって37歳まで眼球成長が有り得るという事実はとりあえず無視します(^^;)

 

先の子供のケース3が仮性近視の想定ですが、

これまで考察したように、

 

近視を自覚したタイミングで、お子さんの近視発現条件によっては、

  • 一見、ミドリン処方や視力回復トレーニングで視力が回復した
  • 全く視力回復トレーニングの効果が無かった
  • 何もしなかったけど治った

の両極端が有り得ます。

酷いパターンだと、親が気付いた時にはかなり手遅れ状態になっているんですよね。

 

ん? 良く分からないよ?

という方は、このページにダイレクトにいらした方と思います。

誰も書いていない子供が近視(仮性(偽近視)・屈折性・軸性)になる本当の原因と理由とメカニズム?

子供の急激な視力低下の原因は何? 親の責任?子供のせい?

仮性近視・・一度治ったハズなのにいつのまにか近視が進んだのは何故?

子供の視力回復トレーニング・・・なかなかうまく行かないのは何故?

そんな疑問が解決すると思います。

を読むことをお勧めします。

 

そして、

のテーマ記事中の

に書いたように、

そもそも内眼筋(毛様体筋)の視力回復トレーニングに過度な期待が持てない事実があるわけです。

 

 

 

今は成長期! 十分効果があるトレーニングは存在しない??

さらに、

成長・変形起因のバランス崩れによる近視化の可能性(他4ケース参照)が出てくるんですが、

遠視⇒近視(成長期)のメカニズムを考える限り、

ベイツ系の外眼筋のリラックスではあまり効果がありそうには見えません(^^;)

もちろん、

ベイツ理論主張の斜筋の絞めが要因であった分は若干回復出来る可能性がありますが、

内眼組織の成長よりも、眼球成長が先行してしまう事象の場合には効果がありません

 

外眼筋バランス崩れ(筋力低下など)などによる眼球変形にも

外眼筋トレーニングの代表格であるベイツ・メソッドは効果が薄いと推測されます。

眼筋が弱っているのが要因だとした場合、いくらリラックスさせても回復しませんよね?

 

血流強化系も同じです。

相当に眼筋が弱っているのが要因だとしたら血流強化だけでは治りそうもありません(^^;)

 

そこで、登場するのが外眼筋の強化トレーニング系メソッドです。

とは書いてみたものの、

基本的に、上下左右斜め、ぐるっと的な眼球運動に終始してます。

 

眼球の成長過多を抑える効果や、

小さくない眼球変形を修正する効果がありそうなトレーニングやメソッドは

正直見掛けたコトがありません(^^;)

(自分が知らないだけなら失礼m(_ _)m)

 

 

 

子供の成長期の場合は特殊な視力回復トレーニングが必要 ⇒無いよね?

結局は、成長期にある限り、

子供用の特別な視力回復プログラムが必要ということになります。

 

この辺りを十分に考察してケアしている視力回復プログラムというものは、

今現在、存在しないんじゃないかと思います。

 

子供の視力回復を謳ってるサイトを幾つか眺めてみましたが、

ん?

という説明のものばかりでした。

 

大体が、内眼筋への対策が主でちょっと目の運動ってな感じですかね?

 

これまでに考察した5つのケース(パターン)を考えると、

「子供の成長期の眼に対応した視力回復プログラム・トレーニング」にはなってませんよね?

 

 

スポンサードリンク

 

一般的な子供の近視の原因と予防策 ⇒成長期対応の近視予防策になってないよね?

一般的には、やはり、近くを見過ぎ・・・という説明がほとんどです。

 

TVやゲームやガリ勉などで近くを見過ぎる。

目を休めることや、目の運動がおろそかになる。

 

だから、

内眼筋はピント・フリーズ状態、

外眼筋はバランスを崩して、

結果、近視になる。

 

これが要因のひとつであることには同意です。

 

 

ただし、予防策については疑問があります。

 

適度なタイミングで目を休めるとか、

適度なタイミングで遠くを見る、

目の運動・体操の癖をつけさせる、

・・・などの子供への教育が必要・・・

 

これはこれで予防策のひとつですが、

結局、ケース1のパターンだった子供しか救えないということになってしまいそうです。

 

成長期の遠視⇒近視メカニズムの根本要因はさっぱり解決されてないのが問題よね?
でも、どうしようもないんでしょ?

 

 

 

何もしないよりは何かしら効果が見込める

とは言うものの、どこにどう意外な好影響があるか分かりません。

何もしないよりは何かをした方は良いでしょう(^^;)

 

そういう意味では、駆け込みドクターで紹介されたアイアイ体操は良い試みだと思います。

そう・・・本当に良い試みだと思うんですよ・・・

「目をぎゅっと閉じる(つぶる)」ってのを取り除きさえすれば・・・(^^;)

 

 

読んでない方はこちらもどうぞ

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 新・視力回復法|コア・メソッド〜軸性近視からの回復(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system