近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜(Ver.28)

からのピックアップ。

 

【眼病メカニズム図解】正常眼圧なのに視神経や網膜がダメージを受ける理由とメカニズムとは?〜なかなか医学的に解明されない理由更にもうひとつ

角膜の眼圧計測で、眼圧は高くないと計測されてしまう正常眼圧緑内障。

これまで、

  • 誤計測 ⇒空気をプシュッと当てて計測する機械や補正計算の限界?
  • 医学的見落とし ⇒隅角閉塞になるまでの過程で検知出来ない高眼圧が発生?

・・・とうような仮説を書きましたが、

今回のはそれとはちょっとだけ発生機序が異なる医学素人の推測、仮説となります。

 

硝子体管(クロケット管)と後部硝子体皮質前ポケットに眼房水が流れてたりしないの?

という以前に書いた医学素人の疑問を、

隅角閉塞症の発生プロセス魔の3ステップの図4番に書き加えて見ました。

 

こんな図になります。

4.虹彩筋と水晶体の詰まりが強い場合(+硝子体管(クロケット管)と後部硝子体皮質前ポケットを加えた考察)

 

実際の眼球内部の構造が図の通りなら色々とスッキリするんですけどね。

あまり本気で調べてないこともあって繋がり部分の真実ははっきりしてません。

 

スポンサードリンク

 

高眼圧が視神経を痛める(陥凹する)メカニズムの説明として、

お医者さん含めた色んなサイトで、

眼球前部の房水圧力が硝子体を通して均等に眼球後部に伝わり、

視神経がダメージを受けるような図で説明されています。

 

その説明でも眼球を取り巻く環境と総合的に考えると納得な説明なんですが、

この仮説のように、

眼球後部にダイレクトに眼球前部の圧力が伝わる構造だとすると、

更にすっきりと理解出来るんですよね(^^;)

 

後部硝子体皮質前ポケットと硝子体に微細な圧力変動/差異が発生することになり、

加齢などで圧力バランスが悪い方向に崩れると後部から硝子体構造が崩れやすい

というのも何となく納得し易くなります。

 

仮に、このメカニズムをベースに考えると、

網膜はく離や網膜裂孔なども、

必ずしも高眼圧で網膜が薄くなって穴が開いたり剥がれやすくなるという理由だけじゃなく、

後部硝子体皮質前ポケット内の圧力が低すぎるのも要因になりそうですよね?

  • 眼房水産生が不十分などの何らかの理由で・・・
  • ⇒後部硝子体皮質前ポケット内の圧力が下がる
  • ⇒網膜を脈絡膜方向に押し付ける圧力が不足
  • ⇒強膜を支える圧力が眼球全体で網膜付近だけ不足
  • ⇒強膜を支える圧力弱い部分が強膜ごと部分変形
  • ⇒結果的に網膜組織がダメージを受ける

 

逆に、後部硝子体皮質前ポケット内の圧力が高すぎると、

皮質前ポケットがどんどん拡大し、硝子体組織が崩れ易いくなる要因に

なりそうな気がします。

 

実に様々なパターンが考えられるんですが、

納得し易い説明も無理なく出来そうです(^^;)

 

スポンサードリンク

 

緑内障や陥凹では、

篩板が眼球外方向に押し出し変形しているのが臨床的にも確認されているので、

眼圧が高いから篩板が曲がって視神経が押し出されて変形したんだよね?

・・・と、高眼圧だけが原因と思いがちですが、

この仕組みが本当だとすると、

必ずしも眼圧が高いことだけが原因では無くなるわけです。

 

後部の眼圧が逆に低すぎることで、

視神経の強膜と横並びの視神経を支える大事な篩板(ふるいばん)も、

強膜がふにゃふにゃ気味の影響を受けて、

眼球運動に伴って、過剰に接合部に変動力がかかって・・・

変形や傷みの進みが強くなりそうですよね?

 

正常眼圧緑内障の発生メカニズムは実はこんな感じだったりしないでしょうか?

 

これが真実だとすると、

なかなか緑内障などが医学的に解明出来ない理由が、

ここにもあったということになります。

 

まぁ、医学素人の妄想なので・・・(^^;)

せめて、繋がり方がどうなってるかだけははっきり知りたいところですね〜

誰か教えてくれないかなぁ?

 

 

 

 

視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように
プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ば過ぎののスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視、はたまた、眼精疲労や頭痛やドライアイ」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system