視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜(Ver.18)

からのピックアップ。

 

【目の痛み/疲れを避ける配色の工夫】とても目が悪かった当時のWSやPCへの向き合い方〜今思えば理にかなってた〜

WSって何?って方も多いかな?

乱暴に言えば、いわゆるワークステーションって呼ばれてたビジネス・ユース機です。

大好きだったSunがOracleに買収されたことが懐かしい(^^;)

 

いきなり脱線しました失礼。

 

さて、目が痛い、頭が痛い・・・色々と悩まされてた当時、

ホワイト・バックに黒文字という当たり前の環境が目に痛い気がする

コントラスト系の設定いじっても楽にならない。

 

ふと、

ブラック・バックな画面にして、文字をシアンとかイエローにしてみたら、

何か良い感じ!

 

原色バリバリな色合いですが、何故か目が楽。

 

当時はその理由は何故?ってのを追求する発想が無かったけど、

今にして思うと、たまたまだけど、良い方法見つけたんだなと感じます。

 

スポンサードリンク

 

先の項で書いたように、

外界の1点からの光は、網膜のある1点に収束すべきですが、

乱視、特に不正乱視だと、

光線が乱視でズレて、色んな角度からの不要な光線が、

網膜のある1点に重なってくるわけです。

 

仕事中の手元作業も、裸眼視力では不足なので、

当然、メガネやコンタクトをすることになりますが、

先に書いた通り、

乱視を綺麗に補正し切れたことは一度もありません。

近視度数で諦めて対応しているだけです。

 

裸眼であれば、

ぐちゃぐちゃ混ざって、ぼんやりしてしまった中から、

正しい輪郭を検出する挙動で、目や脳が疲れそうと自覚出来ます。

 

でも、

眼鏡・コンタクト装用状態だと、

何か目がきついと思いながらも、強く乱視を意識せずに、

文字としての認識は出来ちゃいます。

 

目がきつい理由は、過矯正その他の理由で・・・

ということもあるでしょうけど、

同じ距離で、色合いを変えるだけで、楽になる、楽にならないが実際に違った

・・・と言うのも事実です。

 

もちろん、気分的な問題ってのもあるかも知れませんが、

そういうレベルじゃなかったですね〜、うん。

 

網膜上の明るい1点、そこに本来来るべきじゃない暗い光が重なって来ても、

明るさは落ちない。

網膜上の暗い1点、そこに本来来るべきじゃない明るい光が重なって来たら

本来暗くあるべき点が明るくなってしまう。

 

トータルすると、

明るい文字は、太く見える方向にぼやけ易く、

暗い文字は、細め見える方向にぼやけ易い。

 

最低限の文字認識に必要なノイズ除去処理の負荷は?

と考えると、何となく、

明るい文字の方が処理負荷が低そうな気がします。

 

ちょっと視線を振るだけで、乱視の状態が変わるようなひどい眼です。

脳の映像処理の負荷、眼の固視微動の運動量の負荷、

の差が大きく出そうですよね?

 

あれ? その理屈だったら、

黒バックに、白文字が一番楽だったんじゃないの?

 

なんでしょうね?

白文字と、シアン、黄色を比較すると、白文字の方がきつかったんですよね。

 

ダイナミックレンジが広過ぎるのもそれはそれで負担増なのかも知れませんし、

あるいは、

網膜の錐体細胞(L/M/S)は、

得意な波長領域と分布が不均等で全体量にも差があります。

カメラの素子のようなRGB用素子が均等に配置されて輝度レベルも均等、

という綺麗な構造ではありません。

デジタルデータだと、白、黒は極端なデータになるので画像処理が楽ですが、

脳みその場合は、そうでもないのかも知れませんね。

 

スポンサードリンク

 

PCやスマホで、ネット・サーフィンが多いとか、

仕事でカラフルな提案書を作ることが多いとか、

・・・だと、この方法は結局使えない方が多いと思いますけどね(^^;)

 

それでも、

文書の草稿はブラックバックに変えたテキストエディタで作成、推敲とか、

部分的な工夫は可能なんじゃないかと思います。

 

実際、

自分の使っていたツールや環境群、

全てを反転表示出来たわけじゃないので、混ぜて使うという工夫をしてました。

そういえば、

背景色変える機能あるのに、ある領域だけ文字色変更出来なくて、

結局色変更機能が役に立たないツールやアプリ、たまにありましたね〜

背景も黒色、文字色も黒色・・・見えね〜よ!!!

だったら、変更機能付けんなよ・・・と当時思った記憶が(^^;)

あと、OS自体で色反転かけても、キッチリ追従しないアプリも多くて、

全部をいじるってのもうまく出来なかった記憶があります。

 

とても目が悪かった時の記憶・・・忘れないようにしてるつもりでしたが、

そういう苦労もしてたんだってのは、すっかり忘れてました(^^;)

 

人間、喉元過ぎれば・・・

 

お遊びで、シミュレーション動画作ってました。

乱視の脳内合成を再現01と02の元絵天人鳥のくうちゃん1ガウスぼかし

乱視の脳内合成を再現してみた00|真・視力回復法|視力回復コア・ポータル

 

そんな記事にも興味があればどうぞ。

 

安心して下さい(^^;)

真・視力回復法では、相当に酷い乱視もかなりの方は治せるんじゃないかと考えています。

 

 

 

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system