視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

 

 

【近視の新常識】近視は治る?|有名サイトでさえウソ・ホントが矛盾だらけでもう何が正しいか分からない?〜軸性近視+不正乱視の強度近視から回復した経験から、非常識な真実の?情報を提供中〜

 

有名なサイト、お医者さんのサイト、比較サイト・・・

色んなサイトを回る度に頭が混乱する・・・

 

真実!とか、ウソ・ホント!とか書いてるサイトだけ見ればいいのかな?

・・・て思っても読んでも、やっぱり納得出来ない。

 

結局、近視は治るの???

 

本当に自力で、視力回復した人の情報欲しいんだけど、

どうやって見分ければ良いんだろう?

 

悩みますよね?(^^;)

 

スポンサードリンク

 

自力で強度近視や軸性近視から回復した!と書いてあっても、

宣伝文言であることも少なくないので簡単には信じられませんよね?

 

そんな中、ここで出会ったのも縁です。

 

情報過多で、更に混乱させてしまうかも知れませんが・・・

本当に目からうろこな情報が多いと思います。

 

核心はまだ非公開ですが、それでも、

役に立つ情報は少なくないと考えています。

 

ただ治ったよ!と言っても信憑性が無いので、

真髄がばれない範囲で極力、理論的に展開しています。

 

進歩した医学ですら、近視は治せないのに、

一般の単なる素人がそんな大発見することなんて出来ないだろうって?

 

そう思われる方には別に無理強いはしませんが、

いつの時代でも、そんなことは起こってますよね?

 

ちょっとした隙間への気付きが大ブームなヒットを生み出したり。

 

医学にはそんな隙間無いだろうって?

ほんとうにそう思ってますか?

 

スポンサードリンク

 

その辺りについてもチョコチョコ書いてます。

 

眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜

 

今現在のおすすめの入り口はここです。是非読んでみてください⇒

【視力回復トレーニング法の効果&比較&選択の基礎知識】西洋医学vs東洋医学?ベイツ理論vsヘルムホルツ理論?医学療法vs民間療法?〜近視/乱視を簡単に改善する効果の1番はどれ?を知るために(大人も子供も)|本来は真・視力回復法/軸性近視/強度近視回復法の解説だけど(^^;)

(Ver.17)強度近視/軸性近視回復/新理論提唱〜近視進行メカニズムと眼のピント調節機構〜近視進行の原因と理由、視力回復理論と治し方/回復メカニズム〜ヘルムホルツ/ベイツその先へ〜

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system