近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜(Ver.17)

からのピックアップ。

 

乱視改善の新常識|指や玉を追うだけ簡単!遠近法、見るだけ簡単!3Dアプリや3D立体視、の眼筋トレーニング/ストレッチ視力回復効果を無駄にしないために知っておきたいこと(大人も子供も)

 

乱視と近視について、誰も書いていない独自の切り口で、

視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめその24|単性乱視・不正乱視で「見るトレーニング/遠近法/凝視法」でなかなか視力が回復しない理由その1

という記事を書いてます。

お気付きの方はいらっしゃると思いますが、「その2」を非公開にしてました。

情報隠すとスカスカになってしまうから意味が無いと判断したからですが、

本シリーズのスタイルでちょっとだけ書いてみようかと思います。

 

さて、上記記事から画像を再掲です。

乱視のメカニズム(図解)〜乱視の原因となる眼球の部位と症状などー視力回復コア・ポータル

 

眼のピント調節メカニズム(新理論)で、実際に治すべき重要ポイントとシーケンスを書き加えた図です。

眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜

 

以前、

乱視を治す・補正する・軽減する・・・

と考える場合、自分的には概ね以下の要素があると考えてます。

(幾つか除いてますけど・・・(^^;))

(病的な要因除く)

  • 角膜のゆがみ
  • 水晶体のゆがみ
  • 水晶体の変位
  • 虹彩のゆがみ
  • 眼球全体の変形・ゆがみ
  • 網膜のゆがみ

・・・と、書きました。

 

自身の乱視改善の経験と乱視のメカニズムから、

単性乱視、不正乱視の区別をしないで、乱視改善トレーニングは可能である

と、考えてます。

・・・というより、先の項で書いたように、

単性乱視を治すには、水晶体乱視の調整が必須になるので、

分けることに、逆に意味が無いと考えます。

 

直乱視、倒乱視は書いてるけど、斜乱視は?

何故斜乱視になるのか?

・・・を考えてみた場合に、これも自分理論で説明が付きますので問題ありません。

 

先の記事を良く読んで頂いた方には、

原因の説明はついても、治し方って確立出来るの???

・・・という疑問が沸いた方がいらっしゃるかも知れません。

 

「視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめ」シリーズで、

敢えて書かなかった仮説があります。

ちょっとインパクトが大き過ぎる(リアリティが高まり過ぎる)と判断し、

書くのを避けてました。今回も詳細は書きません(^^;)

 

それを踏まえると、やはり、眼機能的に可能であると言えますし、

実際、自分の不正乱視を利用して色々と実験してみましたが、

ここでは詳しく書きませんが、

ある意味その結果からも証明されてると考えて良い、

・・・と、判断してます。

 

さて・・・

先ほどのシーケンス図を見ると、

え?嘘でしょ?本当に?

・・・と、思われる方が多いことでしょう。

 

そうなんです、ある意味目からうろこの驚きの内容ですよね?

ただ、これだけじゃ実は、乱視回復法としては未完成で、

  • 初期段階:基礎力向上
  • 中期段階:図中のシーケンス+脳みそと眼の特殊機能を稼動
  • 後期段階:別種の脳みそと眼の特殊機能を稼動させて完成

・・・というイメージになります。

 

ところで、

自分の目は以前に書いているように、

  • 混合型近視(造語)で、 軸性近視(混合型)(造語)で、不正乱視で、軸異常で、反射異常!!!

という絶望する位に状態が悪かったワケです。

前項で書いた自分定義とは種類の違う、現在の医学定義に近い方の定義です(^^;)

 

色んなことを考えると、

  • 強度近視レベル、最強度近視レベルなのに、乱視が無い

・・・と言うのが以前から書いてる通り、ちょっと考えにくいんですが、

実際そんな方は実在するわけです。

 

ざっと考えると、

  • 角膜乱視を動的に水晶体乱視でキャンセルする仮説/新理論が正しくて、乱視の自覚が無い
  • 眼軸長が伸びて軸ズレ起こしているけど、たまたま変形のバランスが良くて、乱視の自覚が無い
  • 眼球前方が全方位均等にひしゃげて(巾着袋の口絞るように)、乱視の自覚が無い

・・・って、とこでしょうか?

 

考えにくくないじゃん!・・・って?

でも、強度近視の方は、眼筋バランス崩れも大抵併発と想定すると考えにくいと思うんですが、

長い時間をかけて目が悪くなった方は、こういうケースにもなり得るとかなのかも知れませんね。

 

ところで、

強度近視と乱視の関係でアンケート取って見てますが、何せ母数が少な過ぎ・・・

このアンケート回答の少なさ・・・堂々の7件!

今はHPのビュー数は、1日1,000切るレベルまで激減してますが、

それでも、それなりにアクセスはあるワケです。

実は、一般の方が見に来ている数はほとんど無くて、

視力回復の業者さんとかしか見に来てないんじゃないか?

という疑念が沸きます(^^;)

 

ちょっと話が逸れました。

 

いえ、なんでこれにこだわるかというと、

このケースに当てはまる方は、

視力回復過程において、一時的に乱視になる/悪化する可能性があるだろう、

・・・という点を考えておかなければいけないからです。

 

乱視による視力低下幅は、なめちゃいけません

夜間主体の仕事の方などは、顕著にその変化を感じるものと思います。

 

一時的にでも乱視になるのは嫌!真・視力回復法なら大丈夫なの?

ん〜、真・視力回復法を使っても、

乱視の強さがどう出るかは現状のバランスがどうなっているか次第と思います。

そして、

乱視の大小の差はあれど、何れも乱視ルートを通らなければならないと考えます。

これをどうしても受け入れ難い方は、真・視力回復法は合わないということになります。

 

目標視力が低めだったら影響少ない?

そう言えれば良いんですが、おそらく、それでも難しいと思います。

 

あれ? 逆に、一般的な見る視力回復トレーニングで、毎日丁寧に見え方確認しながら訓練するのって間違いなの???

その可能性は高いかも知れません。

 

ある意味、

真・視力回復法流「正しい目の使い方」のルートに入り、

一旦視力低下が落ちる時期、いわゆる「好転反応」な時期をクリアしなければ、

真の視力回復には繋がらない

・・・とも言えるかと思います。

 

つまり、

一般的な視力回復トレーニングでの近視改善過程において

  • 何故か乱視が酷くなった?!

という方は、

  • 視力回復で目が良くなる方向にしっかりと進めているからだよね???
  • 視力回復で目が悪くなる方向に進んでしまっている???

・・・のどちらなのかを見極める必要がありそうです。

 

以前の項でも書いているように、

一般的な視力回復法では、高い視力回復目標の根治ルートには、まず入れない

・・・と考えているので、

  • 視力回復で目が悪くなる方向に進んでしまっている???

可能性は高いと思いますので、要注意です。

あ、あくまで、純粋な仮性近視や屈折性近視は除く・・・という想定ですよ、念のため

 

スポンサードリンク

 

次に、乱視の自覚がある方の場合です。

 

先のリンク記事で書いたように、

あなたの見ている景色やモノ、実像ですか?虚像ですか?

という点が重要と考えます。

虚像に焦点を合わせている可能性が高い?

ちょっと一部再掲して加筆しますね。

「中・強度近視レベルでの乱視の見え方」例など色々書いてます。

それらも読みたい方は先の記事をどうぞ・・・とうより読んだ方が良いかも知れません。

 

視力が低下している方、乱視が酷い方は特に、

本来合わせるべき光点じゃない方に焦点が合っている可能性があります。

 

乱視の具合によっては、偽者の方が重なり合う光が強くなって、

脳みそが誤認識するワケです。

 

意識としても、よりハッキリ見えてるのが本物だよね?

そんな意識が働きますよね?

 

それをよりハッキリ見ようと視力回復や乱視改善のトレーニングをしても、

サッカードや固視微動での微細なピント変動で付近に発見出来ないと、

ピント移動が正しく発生しないので見えて来ないワケです。

 

乱視の見え方に囚われずに、大きくピント移動出来る方は、

正しくターゲットを見つけられる可能性がありますが、

難しいと思います。

 

脳内視距離/脳内記憶距離(造語)がものすごくしっかりしている方は、

これが出来るかも知れません。

 

ってなことを書きました。

 

じゃあ、

一般的な視力回復法でなかなか視力アップしないのを改善するには?

大抵は「見るトレーニング」ですよね?

  • ピントが合ってる状態を維持したまま、距離を変動させるタイプのトレーニング
  • 見えそうで見えないところを見えるように頑張るタイプのトレーニング

何れも遠近法、遠方凝視法の類です。

一般的には毛様体筋のトレーニングはコレに類するものしかありません。

 

最近ツイッターなどで良く目にするのは、

先の項で書いたブロック・ストリングス、3点寄り目カードとかでしょうか?

何か語呂が良いから?印象が強くて覚えちゃいますね(^^;)

 

乱視が強い方の場合・・・

  • ピントが合ってる状態を維持したまま、距離を変動させるタイプのトレーニング
  • 見えそうで見えないところを見えるように頑張るタイプのトレーニング ⇒ 非推奨

となりますでしょうか?

 

そして・・・

  • ピントが合ってる状態を維持したまま、距離を変動させるタイプのトレーニング

これも、注意が必要ですね。

 

輪郭や表面のディテールが超しっかりと見えてる状態を維持したまま、

ピント移動を行わないとすぐに偽者を掴んでしまう可能性があります。

 

裏を返せば、乱視の方は、

  • しっかりとピントを合わせたまま、視力回復トレーニングすれば、視力回復の効果が得られる

とも言えます。

 

・・・と、一見、お役立ち情報を書いている風にしてますが(^^;)

「悪い学習」により、「正しい眼の使い方」が崩れてしまっている。

そんな状態下で頑張ってトレーニングしても、効果は限られる・・・

と考えてはいます。

 

・・・とは言え、

どこまで視力回復させたいか?

人それぞれでしょうし、

以前の項でも書きましたが、

どの視力回復トレーニングも全くの無意味ってことはありません

 

ところで、

ソフト/アプリ・タイプのPC/スマホでの視力回復トレーニングでは、

一部のアプリを除いて、自分との距離を可変させない限り、

基本的に距離の変動はありません

 

でも、眼球の視点移動の距離が小さいスマホ画面ですら、

酷い乱視の方は、見え方が変わっているハズ(自分もそうでした)

ドット・レベルを強く意識しながら、

超ゆっくりと画面の文字などを視線移動させながら眺めてみて下さい。

濃さや形が変わったりしませんか?

 

もっと分かり易いやり方は、

ある1点を軽く凝視、その視線を固定したまま、

頭を小さく上下左右に軽くゆっくりと動かしてみる方法です。

シームレスなピント調節/融像がうまくいかずに濃さや形が変わったりしませんか?

 

結局、

平面を視点移動運動で見ていても、

少なからずの対象物との距離変動を伴っているわけです。

 

スポンサードリンク

 

自分は乱視じゃないし・・・

そう思ってる方もやってみて下さい。

案外、今まで自覚して無かったけど、自分も乱視だわ!

って気付いた方も少なくないのでは?

 

だとすると、それは重要な気付きです。

 

そして、

ソフト/アプリ・タイプのPC/スマホでの視力回復トレーニングでは、

光の発光が強い画面を見続けることになり、

また、視力もみかけアップし易いので、アプリ主導での視点移動訓練では、

本来意識して治すべき乱視の影響を自覚しにくい可能性があります。

 

自身の経験でも、

小さなLEDや、PC/スマホの画面をターゲットとして見据えて視力調整を行う場合と、

紙などの発光しないものをターゲットとして見て視力調整を行う場合では、

脳と眼の反応や、やり易さが明らかに違います。

 

え?PCやスマホのアプリでの視力回復トレーニングは駄目なの?間違ってるの?

いえ、一般的な視力回復トレーニングで、

精密にズレを意識しながら、距離を稼いだトレーニングをしたい場合には、

どちらかというと発光タイプのものが向いている

・・・と思います。

 

そういう意味では、

PCやスマホのアプリでのトレーニングは、

本などの媒体よりは効果があるとも言えます。

 

ただ、光が強い、それらばかりに頼ると、

  • 人間の眼と脳が持つダイナミック・レンジが鍛えられにくいんじゃないかなぁ

下手すると、逆に、

  • 視細胞のプレ処理で重要情報が不要にカットされてしまう
  • 視細胞のプレ処理や脳処理の閾値がおかしくなる

という要因などで、

ダイナミック・レンジが狭くなったままになってしまう

・・・なんてことが起こったりするんじゃないかなぁ・・・と思います(テキトー)

 

ところで、

実体験での体感上は、

ある一定ラインを超えて乱視や近視の状態が良くなると、

このターゲット媒体の差異はあんまり感じられなくなります。

 

・・・というより、

この差異を感じない見え方こそが、「正しい見え方」であると考えています。

これについては、まだ詳しく書きませんが、

これに類する体験をしたことがある方はいらっしゃるかも知れません。

 

あと、どうしてもPCやスマホのアプリのトレーニングは活かしたいって方には、

試験的に作った補助ツールの説明もちょっと役に立つかも知れません。

 

 

 

 

 

視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように
プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ば過ぎののスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視、はたまた、眼精疲労や頭痛やドライアイ」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system