視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜(Ver.15)

からのピックアップ。

 

飛蚊症の自力チェックと治し方〜ゴミうじゃうじゃが治ってきたかな?⇒ピンホール・アイマスクでゴミの量と状態をチェック!

飛蚊症・・・眼の中でゴミがうろついているうっとおしさ自体は、思い返すと、

割と早い段階で慣れてた気がします。

Floaters.png
Floaters . Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ .

 

それでも、

ピンホール眼鏡で飛蚊症の糸くず状のごみが大量にわらわらっと存在するのを目の当たりにした時には、

さすがに驚きました。

こんなに大量にあったんかい?!(^^;)

 

それでも、その時よりは目の中に見える浮遊物体は少なくなってる気はします。

 

【視力回復の研究】 「飛蚊症」についての昔からの疑問⇒本当にガラス体や網膜との隙間だけなの?|視力回復コア・ポータル

で書いた疑問は相変わらず解消してはいないです。

 

Ver.07: 「視力回復/近視改善/乱視改善/斜視改善/遠視改善・・・などの回復/改善理論を「眼のピント調節メカニズム(新理論)」図にマッピング」で書いたことを加味してもやっぱり謎です。

 

ピンホールアイマスクを付けたまま、ゆらゆらと頭や目を動かしたり、

目の中のゴミに加速をつけて動かしてみると、

ゴミは端っこで急ターンして戻ってきます。

V7項で書いたように、ガラス体の前部と後部では、ゲル密度が異なるとして、

後部のかなりの部分が柔らかいと仮定すると、もっと大きな動きをして良いと思うんですけど、

感覚的には、もっと狭い範囲で動いているように思えます。

 

強力に、網膜色素上皮と結びついている皮質付近に、

浮遊ゴミがうまくひっつけば、マクロファージが分解してくれる!

・・・だろう?

・・・というのが、飛蚊症を改善する唯一の可能性でしょうか? 

強力に接着している部分は逆にゲルが固いので、そこまで浮遊ごみが

到達しにくいという面もあるとは思いますが・・・(^^;)

 

そして、この浮遊物がウィーガー靭帯と硝子体の間だったり、

後部硝子体皮質前ポケットの中にあったりすると、

マクロファージに期待するのはさらに難しい気がしますが、

実際のところどうなんでしょうね?

 

スポンサードリンク

 

・・・とは言うものの、

視力回復模索当時よりはやはり実感として浮遊ごみの減少は感じるので、

  • まずは目を動かす!ってことが、マクロファージに喰わせる確率を上げることに繋がっている、
  • あるいは、浮遊ごみのコラーゲン繊維のくっつき具合が変わって見えにくくなることに繋がっている、
  • あるいは、周りの固いゲル部分とうまくくっついて見えにくくなることに繋がっている、

・・・などのことが起こっているんではないしょうか?

 

融解範囲が増えて、移動幅が増えて、浮遊ごみが端っこに消えやすくなってるだけ

・・・という可能性もありますけど、

ごみが動く範囲の感じ自体はそんなに昔と変わってない気はするんですよね。

 

良くある説明は、小さな融解スポットが硝子体の中にたくさんある感じですが、

そうだとすると、大きな範囲で浮遊ごみが動く自分の目の見え方と矛盾します。

後部硝子体剥離を起こしている・・・という可能性もありますが、

そう仮定してもこの動きの説明はつかない気がします。

ここは、素直に、

硝子体後部のゲルの動きだと理解しておくことにします(^^;)

そうすると、自然に治る可能性に期待が持てます。

 

普段から気になってしょうがない方は、

やみくもに眼球や頭を動かすよりも、

ピンホール・メガネで浮遊ごみの位置を確認しながら、

焦らず、ゆるっと移動してやるってのがちょっとは奏功するかも知れません。

 

ピンホール眼鏡なんて持ってないよ!ってな方は、

1mmほどの穴を開けた紙を目の前にかざして明るい方を見るだけで十分です。

広い範囲を見たければ穴を増やす。

あ、本物のピンホール・アイマスクのように小さく作りたい場合は、

脇から光が入らないように遮光性を高める工夫が必要になるので注意です。

面倒であれば、大きな紙の中央に穴を開けて、

紙で顔全体を覆うように遮光すればお手軽です(^^;)

 

スポンサードリンク

 

自分の場合は、ごみの位置復元力が結構あります。

左右や上下に軽く動かしたりしても、重力を無視して?視界の中心に戻ってきます(^^;)

見えない繊維接続が「ゆるっと」あって、それで元の位置に戻り易いんだと思います。

この構造は弱いようで、回転も加えて根気良く動かしてると、さすがにズレてくれます。

これを考えると、やはり純粋な水分に浮かんでいるごみでは無いんだろうなと思えます。

 

どうしても、この大きな浮遊物だけでもズレてくれないだろうか?とお悩みの方で、

自分のように、ごみが大きく動くタイプの飛蚊症の方は、

やってみては如何でしょうか?

 

急激にごみが増えた!ってな方は病的要因の可能性もあるので、眼科受診をお勧めします。

 

 

 

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system