視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜(Ver.13)

からのピックアップ。

 

【近視の新常識】近視は治る?治らない?|ガラス体と水晶体はウィーガー靭帯で実はくっついてる!この事実を果たして何人が知っていただろうか?〜+仮性近視/屈折性近視になるメカニズムを今までと違った視点で解説〜

 

Wikipediaにちょうど良い図が無かったので、初期に書いた眼球解剖図を再利用(^^;)

ガラス体と水晶体はウィガー靭帯で実はくっついてる事実は全く説明されない

 

レーシックや、フェイキックIOL、白内障などの手術に関わっているお医者さんは当然知っている内容ですが、

それを押し進めて、これが、

  • 眼球のピント調節システムへどのように影響するのか?
  • 近視進行/視力低下に何かしら影響しているのか?

・・・という視点で考察を進めている眼科医さんは恐らくほとんど居ないんでしょうね。

 

研究が進んでいる海外ですら、最新のピント調節メカニズムについて、

新たな発見がされる度に、自分の提唱モデルにフィードバックして修正するアグレッシブな方は限りなく少なく、

いわゆる教科書的な古典的な内容で、YouTube動画の説明動画を作ってる方々が多数です(^^;)

 

まだ、

自分はこう思うんだけど?

と、発展させた独自モノなら、それが例え奇想天外で間違ってたとしても面白いし素晴らしいと思うんですが、

わざわざ間違った古典的な内容で動画作って、一体どんな需要があると思ってるんでしょうね?(^^;)

中には凄い手間と時間がかかったんだろうなぁ・・・というような美しいCGものもあったりしますが、

間違ってたらあんまり意味無いですよね・・・

 

視力回復理論とメカニズムを裏付ける先進的な面白い材料が何かないか?とか、

自分と同発想の理論を打ち出している人ってまだ居ないよね?とか、

直近の1年とかの期間縛りで海外の動画を検索しても、

古典的な情報でピント調節システムを説明した新作動画がたくさんヒットして来て邪魔です(失礼)。

 

ちょっと話が逸れました。

 

ちなみに、硝子体と水晶体は実はくっついている!

ということに触れている視力回復サイトは、頑張って検索してみましたが、ゼロでした(^^;)

もう10年以上(期間ちょっと自信無し)も前から分かっていた内容なんですけど、重要視されていないようです。

 

このドーナッツ状の接着部分は、ウィガー靭帯と呼ばれているようで、

老化と共に、接着が弱くなる傾向があり、また、

若くても、たまにこれが外れてしまう方もいらっしゃるようです。

 

この接着構造が、

  • 房水を完全シャットウアウトしているのか?
  • 少し通り抜ける隙間があるのか?
  • あるいは、浸透して通り抜ける余地があるのか?

・・・については、うまく記述を見つけられずで分かってません。

 

以前に、

水晶体って前後にも動くよね?

チン小帯の緩み方によっては水晶体が大きく斜めになることもあるんじゃない?

なんて書きましたが、

これを考えると、大きく傾斜することはないということになります。

(ウィガー靭帯が外れた場合はこの限りでは無い?)

 

瞳孔の形が円形じゃなくひしゃげる症状/病気はあっても、

水晶体がズレる症状/病気って聞いたことがありませんから、

ウィガー靭帯の接着が剥がれてしまう方は限りなく少ない割合なんでしょうね?

 

そして、浮力や重力が働いて上下不均衡なパワー・バランスの中、

更には、毛様体筋がこるとかこらないとかの真実はさておき、

力の均衡がアンバランスになり易そうな構造であるのに、、

水晶体が視軸の中心からズレないってはちょっと不思議に思ってました。

 

硝子体に小帯で押し付け気味にして支持しているとしても、

ちょっと悪くバランス崩したら、斜めにならなくても、中心がズレるとか有り得そう

 

でも、ならない

 

くっついてるから、当たり前ですね(^^;)

 

 

スポンサードリンク

 

さて、

項タイトルとは異なり、実は、ここからが本題です。

 

近年、解剖学的見地から、幾つかのの発見がされています。

 

そのひとつが、図中の赤い線です。

チン小帯が水晶体に接続される部分は、大きく3ブロックに分けられて、

水晶体の前部上側、赤道、後部上側に接続されているとされていました。

(正確には、水晶体を包んでいる水晶体嚢に接続)

 

一般的な水晶体と毛様体とチン小帯の接続説明図はそうなってます

 

でも、実際は違っていて、後部側に向かうチン小帯は、図中の赤線のように、

ウィガー靭帯の接着領域に挿入/接続されている構造であるのが正解のようです。

 

つまり、そのチン小帯の繊維にかかるテンションは、

水晶体だけじゃなく、ガラス体を含めたものになるわけです。

前部、赤道部の繊維にかかるテンションに比較して、重そうですよね?

 

近見時に、毛様体突起部が斜め前に動くにつれ、

水晶体は復元力で厚みを増しますが、

後部の動きに着目すると、移動量はさほど多くないかもしれませんが、

ウィガー靭帯部を硝子体ごと引っ張りあげるわけです。

 

ちょっと乱暴な例えですが・・・

横方向にしか動かないクレーン・ゲーム機を想像して下さい。

  • 移動レーン⇒毛様体突起部が斜め前、斜め後ろに動く経路と想定
  • アームとチェーン⇒毛様体突起部とチン小帯で、チェーン長さは固定

 

アームが、水晶体を吊っていて、かつ、上下固定で自由に動かせない状態を

チン小帯の長さが変わらない状態と想定します。

 

クレーンの耐荷重性能を超えない限り、アーム部は、

水晶体を吊ったまま、レーンを滑らかに滑走します。

・・・というのが正視状態とします。

 

でももし、微妙に耐荷重性能を超えたらどうなるでしょう?

ざっくり3パターンほど考えられますよね?

  • クレーン自体は壊れてないけど、レーン滑走が滑らかじゃなくなり、最大量動けなくなる状態
  • チェーンがちょっと伸びてしまったけど、レーン滑走は正常で最大量動ける状態
  • チェーンがちょっと伸び、かつ、レーン滑走が滑らかじゃなくなり、最大量動けなくなる状態

注:チェーンがちょっと伸びた⇒毛様体組織などが変形/変位した

 

この障害状態が、まんま、近視の要因部位を示すわけです。

 

ところで、

眼球の内部テンション構造は、個人的には、次の図のようになると考えています。

一般的な内眼筋の視力回復トレーニングで改善可能な範囲は、赤部分で示しています。

眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜

この図に沿って考えると、かなり限定的なのが分かりますね?

 

先のクレーン・ゲームの例に戻ると、

  • レーン滑走が最大量動けなくなった状態 ⇒少し改善可能(でも最大量までは動けるようにならない)
  • チェーンが伸びた状態 ⇒治せない

・・・となります。

 

例えば、長い期間、水晶体の屈折状態(膨らんだ状態)が続いた場合に、

それに合わせた硝子体皮質の変形が定常化してしまうことがあると仮定すると、

アームが初期位置に戻ろうとする途中で耐荷重性能を超えて、

動きが鈍くなり、初期位置に戻れなくなる可能性が考えられます。

仮性近視の状態(定常化が一時的なもので時間経過で解除された場合)

屈折性近視の状態(定常化が恒常的になってしまった場合)

 

一般的な、仮性近視の定義で考えると、レーン滑走の機能が麻痺する、

つまり、アームを動かす筋肉が一時的に過緊張、痙攣を起こしている状態で、

アーム自体には荷重の過負荷はかかっていない状態・・・となりますね?

 

そして、

一般的な、屈折性近視の定義で考えると、レーン滑走の機能に障害が発生、

つまり、アームを動かす筋肉が「コリ」を生じてうまく動かせなくなった・・・ですよね?

ただ・・・アームを動かす部分については、拮抗テンションが存在するんですよ。

個人的には定常入力A理論で書いたように、コリなんてものは存在しなくて、

副交感神経刺激過剰だったり、水晶体の角膜乱視キャンセラーな動きとか、

今回のような何らかの外圧とかで、アーム移動に障害が発生した!

・・・と考える方がしっくり来るんですけどね〜

子供の仮性近視も同様です。

子供の場合には成長期での眼球成長と、

それに伴う遠視キャンセル動作のバランス移動が発生するので、もう少し複雑になりますね。

 

とりあえず、話を進めます(^^;)

 

硝子体皮質の変形が本当に定常化してしまった状態で、

それでも無理にアームを動かしていると、チェーンが伸びてしまう可能性があります。

チェーンがちょっと伸びた⇒毛様体組織などが変形/変位した

・・・という状態ということです。

屈折性近視の状態(+変形/変位あり)

 

こうなってしまうと、簡単には、正視状態には戻りません。

戻らないわ!

 

スポンサードリンク

 

本当に、毛様体筋にはコリというものが存在するのか???

この点については未だに答えが見つかっていません。

真・視力回復法においては、

これが事実か否かは特に重要じゃないんですけど、

知りたくてたまりません(^^;)

 

さて・・・

ウィガー靭帯の話に絡めてこれまでも書いて来た内容をちょっと違った視点で書いたわけですが、

屈折性近視の状態(+変形/変位あり)になるケースは、これ以外にもたくさんありますよね?

水晶体の老化による硬化で、重量オーバーになるかも知れないし、

眼圧による圧迫負荷で、重量オーバーやレーンが曲がったりがあるかも知れないし、

何らかの外部からの変形負荷で、レーンが曲がるかも知れないし、

・・・ほんと様々な要因で近視進行する可能性が有り得ますよね。

 

自分は、軸性近視じゃなくて、屈折性近視と診断されたから、遠近トレーニングで治るよ!

でも、こういうパターンでの視力低下がある可能性を考えると、

眼科で軸性近視と判断されてないからと言って、

眼構造に変形/変位が無いとは必ずしも言えないわけです。

 

あらら?結局、近視って治せないってこと?

 

安心してください(^^;)

真・視力回復法では、特殊なトレーニングで、かなりの近視の方を救えると考えています。

 

 

 

 

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system