検索上位&拡散⇒視力回復法の公開条件(^^;)

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜(Ver.10)

からのピックアップ。

 

【近視の新常識】蝶形骨と視力回復の関係〜整体/耳ヨガ/ツボ押しの視力回復効果は限定的/強度近視までは治せない

この重要性に最初に気付き始めた方々が多いのは、

整体/カイロプラクティックの分野の方々でしょうか?

 

歪みを取り除く手助けをする姿勢矯正や整体、整体やったら視力が回復した気がする、

眼精疲労や頭痛が治った、軽減した・・・など、元々、それを目的としてなかったけど、

副次効果としてそういう好影響の恩恵を受ける患者が少なくない。

なぜだ?

頭蓋内のアンバランスは脳内圧のアンバランスも生み、

視神経、血管、の重要器官が通り抜ける蝶形骨の歪みが圧迫を生み、

血流障害や神経障害を引き起こす

つまり、

歪みを取り除けば、これらの障害が無くなり、視力が回復する

・・・ということだろうか?

視力に関する改善効果を謳っている整体/整骨院はざっと眺めると

視力に言及していないところと視力に言及しているところがありますね。

この違いは、上に書いたように、

整体は、視力回復にも効果あり?

と実感を得た先生方が価値を感じて、研究/模索し始めたところ、

・・・が積極的に謳ってるという感じでしょうか?

 

いずれも、視力回復効能を謳っているところは、

概ね血流障害/神経障害が原因で、それを修正することで視力がアップする

・・・というアプローチのようです。

 

まだまばらって印象なので、整体/整骨業界で本格的に価値を感じて

取り組んでいるってワケでは無さそうです。

血流障害/神経障害が原因というところに留まっている限りは、

根治できる/治せる対象はやはり軽い症状の方に留まると思うので、

整体/整骨業界で、

大々的に視力回復アピールが展開されていない理由はこの辺りにあるのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

以前の項で書いた例を再掲です。

幸い、極端な猫背は治せたと想定した図が以下の図です。

眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜

・・・なんか、目については、完全に戻ってませんよね?

 

・・・ってなことを書きました。

 

ところで、

西洋医学では、歪みという概念が無いようで、例えば、

仙骨などは動かないとされ、それで医療的に原因不明と見放された腰痛に悩む方々が、

東洋医学の「仙骨は動くもので、歪むもの」という思想と改善アプローチで、

どうしようもなかった腰痛が軽くなり救われた!という方々は少なくないと思います。

 

そういう意味では、

西洋医学よりも、東洋医学の方が、

効果のある視力回復法という答えに行き着く可能性が高い、

とも思えますが、

視力回復の場合は、脳科学的な側面も重要なので、そう単純ではありません

 

「基本骨格」が歪んだものを治す、あるいは改善すれば、

他の部分は、自然治癒/自己修復能力で回復していく

・・・ことを期待しているだけでは、

自分理論に照らし合わせると、症状の重い目の悪さは恐らく治せません

 

例えば、

自分が提唱した(こう書くとなんか傲慢?)利き目スイッチングの理論の概念は、

西洋医学も東洋医学も持ってないと思います。

 

何となく、歪み繋がりで、東洋医学なら治せそうな感覚を感じるとは思いますが、

結局、骨格的な歪みの修正/改善だけでは、この部分は治せないわけです。

これまでの表現を使えば、ほとんど掠らない、となりますでしょうか。

 

あ、もちろん、利き目の理論自体が間違ってる可能性はゼロではありませんが、

そちらの記事も読んでいただけると、かなり納得頂けるんじゃないかと思ってます。

興味あればそちらもどうぞ(^^;)

 

蝶形骨が動くもの、動いて良いもの、という考え方は、

整体/整骨系の先達から頂いたのでこの部分については素直に感謝です。

 

ただ、以前の項でも書いたように、

視力回復を考える上では、

蝶形骨自体の歪みは、一次要因/原因では無いと考えています。

これは、最初の眼のピント調節メカニズム(新理論)の図を見れば、

直感的にも受け入れやすい話と思います。

 

同じ歪み系で言うと、

ストレート・ネックも視力低下の強烈な要因/原因と謳われたりします。

キッカケとなりえる要因であることは否定しません。

正しい目の使い方が出来ていないと、悪影響を受ける可能性は確かに高いと思います。

 

ただ、視力低下の場合には、

基本骨格の歪み(蝶形骨の歪み/ストレート・ネック) ⇒ 視力メカニズムの崩れ/眼のピント調節力の低下

だったからと言って、

基本骨格の歪みを改善/解消 ⇒ 視力メカニズムの崩れ解消/眼のピント調節力が復活

・・・とは必ずしもならない、というより、ならないことが多い

 

と、考えてます。

 

スポンサードリンク

 

以前より、蝶形骨と視力の関係は、視力回復にトライする方々に注目はされてますが、

やはり、整体/整骨の方々と同じく、圧迫による血流/神経障害・・・に留まってます。

 

自分が蝶形骨に関する記事を書いて以降、気のせいかも知れませんが、

とっても効果/効能がある!と謳うサイトが増えた気がします(^^;)

 

それらの解説を見ると、状況はそんなに変わって見えないです。

それなのに、効果/効能を強く謳うようになった感じがする流れは、

軸性近視に効くかも?⇒軸性近視に効果あり!

と、内容変わらずなのに宣伝文句だけが変化して来た昨年の流れの再来を感じます(^^;)

 

本当に純粋に血流原因の方なら、効果があると思いますが、

強度近視/軸性近視に進行するメカニズムを考えると、

強度近視レベルに目が悪い方々は、直接受けられる恩恵は少ないだろうなぁと考えます。

そういう意味では、

耳ヨガとか、耳ひっぱりとか、耳ツボ押しで蝶形骨を・・・の類は、

さらに効果が薄いんではないでしょうか?(失礼)

 

あ、

整体/整骨含めての完全否定じゃないですよ?

勘違いしないで下さいね

 

実際、

自分の基礎力向上の準備運動としても、蝶形骨や首周りの体操は組み込んでます

 

蝶形骨周りのケアや、ストレート・ネックの解消自体は、

体全体からの歪み解消ケアという意味で、とても大切で重要だと思います。

 

ただ、それだけをやったからと言って、

強度近視レベルまで酷くなってしまった視力はあまり回復しないだろう

・・・と、言ってるだけです。

 

気持ちよく継続できると思える良い方法に出会ったと感じたら、

視力アップ効果をあまり感じないなぁ・・・と、思ったとしても、

是非、将来の視力回復の基礎力を作ってると考えて、

継続して取り組むことをお勧めします。

 

体全体の健康向上としては、全くの無駄にはならないと思います。

 

もちろん、これをキッカケとして、運良く?「掴めた」方は、

回復に向かえる可能性はありますが・・・やっぱり、難しいかな?

 

 

 

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system