検索上位&拡散⇒視力回復法の公開条件(^^;)

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜(Ver.07)

からのピックアップ。

 

【目/眼のピント調節メカニズム〜新理論】図に【視力回復メカニズム〜新理論】をマッピング

真・視力回復法〜コア・メソッド群による各種視力回復理論/プログラム。

いよいよ真髄に迫って来ました。

 

自身で効果を実証している、

軸性近視回復法/強度近視回復法/屈折性近視回復法/乱視改善法/(軽い/隠れ)斜視改善法。

 

そして、第三者による治験で未検証も、恐らく効果高いと予測中である、

老眼改善法、仮性近視改善法、不同視改善法、斜視(がちゃ目)改善法、遠視改善法・・・

そして、強度近視0.01以下からの回復。

 

さらには、

子供の急激な成長期変動に合わせた視力回復/視力低下予防法。

(病的/遺伝的でなければ、弱視も手立てはありそうですけど、現在は追求してません)

 

眼精疲労/頭痛/目の疲れの要因が、「目/眼」にある場合や、

利き目の偏った強さ/度を越したアンバランスにある場合には、

それについても改善効果が見込めます。

実際、自身も明らかな「目/眼」起因の頭痛は無くなりました。

 

利き目をスイッチングすることで、この強い偏りを改善して眼精疲労を回復(新理論)

という記事も書いてます、具体的な方法は書いてませんが(^^;)

興味あればそちらの記事もどうぞ。

 

あと、乾き目/ドライアイの改善にも効果が見込めると思います。

自身は乾き目の酷さは自覚していても、ドライアイとまでは思ってませんでした。

眼科を受診したら、案外、ドライアイの診断になったかも知れませんが、

今となっては分かりません(^^;)

 

さて・・・

別記事で書いているように、

子供の成長期には、何もしなくても視力回復するケースがあり得ます・・・と考えてます。

 

これが真実だったとすると、

勝手に視力が回復/改善するタイミングで、視力回復トレーニング/プログラムを毎日実行、

「その視力回復トレーニング法は、自分の子供には合ってた!、本当に効果があった!」と錯覚

いざ、本格的な視力低下の波がやってきた時にも、

勘違いした実績で信じてしまった、実はお子さんには効果が薄いトレーニング法を毎日実行・・・

実績と効果があったトレーニング法を毎日きちんとやっていたのに、

子供の目がどんどん悪くなっていったは何故?

・・・という状況に陥る可能性もあり得ますので、要注意です。

 

スポンサードリンク

 

ちなみに、過去記事で書いたように、

こんな形でのお子さんの視力低下兆候の見落としもあり得ると思います。

お子さんに、目が悪い、視力が悪いとはどういうことなのか?

視力低下の兆候を掴むとはどういうことなのか?

をしっかりと理解させて、対応することが必要と思います。

知りたい!簡単図解シリーズ11|お子さんの視力低下の兆候、きちんと掴んでますか?|真・視力回復|視力回復コア・ポータル

 

 

さて、

「眼のピント調節メカニズム(新理論)」に、「視力回復理論(新理論)」をマッピングしたのが、

下図になります。

眼のメカニズム〜新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム〜ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ〜

図には、回復/改善ポイント、アプローチも書き込んであります。

 

「眼のピント調節メカニズム(新理論)」の図からは、

想像も付かない回復/改善/修復法ではありませんでしたか?(^^;)

 

そうなんです。

本来、人間が持っているであろう「視力低下/近視予防のピント調節メカニズム(新理論)」を、

ある意味、更に拡張/進化させた形になってます。

 

何故こうまでする必要があるか?はもうお分かりですよね?

目が相当に悪くなった方は、「正しい目の使い方」をするだけでは、超短期回復は難しいからです。

 

ところで、何処を重点的に治していけば良いんでしょうか?

複数のポイントがあって、悩みますよね???

 

一見、

好きな所を重点的にアプローチしても構わないパラメトリックな関係に見えます。

 

視力が低い内はそれも正解です。

どこからアプローチしても、視力はアップすると思います。

 

ただし、それぞれの改善幅/能力には一定の限界があるので、

視力がどんどんあがるにつれ、自然に範囲やウェイトは絞られて来ます。

 

この図だけ見ると、下地造り/基礎力強化、に結局時間がかかるんじゃない?

視力アップを実感するまでそれなりに長い時間がかかるんじゃない?

・・・、と見えると思います。

 

安心して下さい(^^;)

特殊なオーバーシュート手法(図が煩雑になるので先の図には加えてません)、

を組み合わせることで、ある程度の基礎力が付けば、

ある意味、驚異的な視力変動幅を手に入れられることになります。

 

これに、

脳コントロールを絡めたアプローチを加えれば(図が煩雑になるので先の図には加えてません)、

回復理論の全貌が初めて見えることになります。

 

スポンサードリンク

 

以下、

「視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめその26|3D仮想眼球と仮想眼筋という考え方の導入で、誰でも簡単に短期間で視力アップ出来る理由とは?」から抜粋。

 

〜〜〜抜粋はじめ〜〜〜

この期間は個々人によって幅があると思いますが、

人によっては即日(さすがにかなりレアケースと思いますが・・・)、

遅くても1〜2週間である程度の基礎力は付けられると思いますが、

「重度の近視」だった場合には、もう少しかかるかも知れません。

 

「重度の近視」〜真・視力回復法で独自に定義します。

強度近視や軸性近視を指しているワケではありません。

真・視力回復法に必要な基礎力を付ける、あるいは、正しい目の使い方をする、

・・・のに必要な眼環境が崩れ過ぎていてケアに時間がかかる近視という意味です。

 

視力0.01以下の軸性近視だけど、「重度」でない状態である可能性もあるワケです。

逆に、軽い屈折性近視だけど、「重度」な状態である可能性もあるワケです。

 

これを最終的には定常状態に持って行くワケですが、

スイッチを入れられるようになりさえすれば、瞬間、裸眼視力がアップするので、

何も意識しなくても自然にある程度視力が出ていることを視力回復・・・

と捉えなくて良いならば、

それこそ数日の超短期間で視力回復出来た!

と言って構わないある意味摩訶不思議な視力回復法ではあります(^^;)

自分で言うのもなんですけど・・・

〜〜〜抜粋おわり〜〜〜

 

え?結局、摩訶不思議なの??? 理論的じゃないの???

安心して下さい(^^;)

「眼のピント調節メカニズム(新理論)」、「視力回復理論(新理論)」に、

オーバーシュート手法なども書き込んだ図を見れば、

摩訶不思議でも何でもないのが実感出来ると思います(^^;)

 

あ、もちろん、摩訶不思議な「ゾーン強制法」という視力回復法もありますけどね・・・

 

摩訶不思議系としては同類の?

人様の「脱力トップレンジ」のメカニズムと原理については、自分なりに確定したんだけど、

自身で体感/発見した「ゾーン強制法」の方は、未だに推測が付いていないという(^^;)

以前の記事で書いたように、自由に「使ってはいけない」メカニズムなのかも知れませんが・・・

 

 

 

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system