緑内障のメカニズムその4|非接触な眼圧計の測定の仕組み(メカニズム)と角膜厚による誤差があるという弱点〜角膜厚での補正計算さぼってるのも初期段階の緑内障見落としの要因のひとつなんじゃない? - 視力回復コア・ポータル

 

プシュッと空気を眼に当てて眼圧を測りますよね?

こんな仕組みなんだそう。

非接触な眼圧計の測定の仕組み(メカニズム)と角膜厚による誤差があるという弱点〜角膜厚での補正計算さぼってるのも初期段階の緑内障見落としの要因のひとつなんじゃない?

 

スポンサードリンク

眼圧測定の仕組み(非接触型)と弱点〜弱点なのか?使い方のミスなのか?

空気の塊を角膜にぶつけて、凹んだ穴の直径で判定。

  • 凹んだ角膜の直径が小さいほど、眼圧が高い
  • 凹んだ角膜の直径が大きいほど、眼圧が低い

・・・と、何らかの統計データ?に基づく計算式で判定するらしい

 

角膜が薄いほどに眼圧は低めに計測されてしまう弱点あり

 

え? だめじゃん?

 

眼圧 - Wikipediaより抜粋。

眼内圧は、実験動物の場合にはマノメーターによって直接測定するが、
ヒトの場合は眼内圧を直接測定することはない

眼圧は、眼球壁の一部である角膜の圧力から測定する。

眼圧測定は、非接触測定法として空気眼圧計で、
または正確には圧平眼圧計(ゴールドマン眼圧計)により直接角膜に測定部を接触させて眼圧を計る。

ヒトの角膜の圧力の正常値は、10 - 21 mmHgと定義され、これを診断上の正常眼圧としている。

 

 

 

眼圧と眼内圧は、基本的には相関関係にあるため、眼圧が高いほど眼内圧は高くなる。
しかし眼圧は、眼球壁が固くなるほど、または厚くなるほど高めに測定される。

この場合、眼圧は高いが眼内圧は高くないため、
視神経が侵されることがなく、高眼圧症と診断されることになる。

逆に、眼球壁が薄い場合は、眼圧が低くても眼内圧は比較的高い状態であることになり、
視神経が侵される状態にある
ことになる。

これが正常眼圧緑内障の診断例の増加の一因であるともいわれている。

 

え? 「正常眼圧緑内障の診断例の増加の一因」って・・・ある意味、診断ミスってこと??? でも、ちゃんと測る方法が無いんじゃどうしようも無いの?

眼に直接触る、接触式だともう少し眼圧計測の精度があがるらしいわよ?

なんだ・・・じゃあ、安心だね!
でも、感染症リスクや、測定者の技量で左右されるとかで普通は最初から使われないわよ? 麻酔も必要になるし。
ん〜、じゃあ、緑内障の早期発見に簡単に使える眼圧計は世の中に無いってこと???
非接触式の問題は、角膜厚の誤差にあるってことで、角膜厚を入れた補正式ってのがあるらしいわよ?
あ〜、だから、結局、眼圧の非接触な検査には意味があるってことでいいんだよね?
でも、いちいち角膜厚を測定して誤差計算しているところは普通は無いっぽいけどね(^^;)
あ〜
それに、眼球壁が固くなる理由も様々だから補正式の精度も危ういわよね? 老化で硬くなることもあるらしいし、飼い主さんの主張する一重まぶたについて考えてみると、日本人の場合は、厚ぼったい一重まぶたの角膜マッサージ効果?で部分的に角膜自体は柔らかい傾向も知れないわよね? うつぶせで寝たり、子供なんかだと良く眼をこすったり・・・、根本的に、日内変動もするらしいから、夜に眼圧高く出る人なんて予防的には検知するのは難しいわよね? この辺り、眼関係の世界ではどう捉えているのかしらね?

 

スポンサードリンク

 

案外、近年の眼をギュッと強くつぶって!

の視力回復法とか眼精疲労の回復法とかがはやったせいで、

角膜が余計に柔らかくなった人が増えてたりして・・・(^^;)

 

あ、角膜が柔らかいこと自体は自分は否定しません。

自分は角膜も動くものだと考えてますから、

硬いよりは柔らかい方が良いんじゃないかと思ってる方です。

 

ただ、眼圧測定(の基礎データと算出式?)の現在の状況を考えると、

他の部位が悪くて、角膜だけ柔らかい方は、

予防的に不利な傾向が高いんでしょうね。

 

メカニズムを考えれば当たり前ですけど、

調べてみるまで自分は、

眼圧は「擬似的な外部からの類推値」という強い認識はありませんでした。

漠然と、眼球内の眼圧は眼圧計でしっかり測れてると思ってました(^^;)

 

そう思っている方、少なくないんじゃないでしょうか?

 

 

とくに、正常眼圧緑内障

検索ヒットを見ると、

眼圧計測値は正常!でも、視神経を侵される方がいる原因が良くわからない病気!

最近はそんな方が増えてます

・・・的な記事少なくないですよね?

 

 

懐かしのギター侍風に言うと・・・

 

眼圧計測値は正常!でも、視神経を侵される方がいる原因が良くわからない病気!

最近はそんな正常眼圧緑内障になる方が増えてます

 

・・・って、言うじゃなぁい?

 

いや、そもそも眼圧計測値が正しいかどうかを確かめるのが先ですから〜

 

ジャン!!

 

 

 

まずは、検査体制と基準の見直しが求められる?

緑内障は、自覚症状が無く、気付いたら手遅れ気味になる怖い病気・・・

と、されていますが、

 

事前の予防が間に合うタイミングで本当は眼圧に予兆が出ている方でも、

現在の検査体制では見過ごして手遅れになってる方、

 

・・・なんか少なくなさそうですよね?

 

 

あ・・・、以前、ナビゲート記事に軽く書いた、

正常眼圧緑内障の原因ってこれもあるんじゃない?

って書いたのはこのことではありません。

 

関連記事もどうぞ⇒

 

 

powered by 視力回復コア・ポータル|新・視力回復法〜コア・メソッド〜軸性近視からの回復法|やすみん001 (yasumin001)

視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように
プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ば過ぎののスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視、はたまた、眼精疲労や頭痛やドライアイ」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system