視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように

03. 当初、自分の「簡単に二重まぶたになる方法」を非公開と決めた理由 〜アプローチは違うけど、自力で二重まぶたにしてる方のサイトを発見〜

(写真は本文と関係ありません(^^;))

Danish eye

(Photo by Paolo Margari)

アプローチは違うけど、自力で二重まぶたにしてる方のサイトを発見

こんな感じの内容になってます。

  • 自力で二重まぶたになる方法
  • アプローチの大きな違い(^^;)
  • 自分の方法より、この方の方法が安全(^^;)
  • 自分の方法のメリット・デメリット
  • 二重の形の左右差が無くならない理由(^^;)
  • またもや直感ですけど・・・

 

【PICK-UP】

アプローチの大きな違い(^^;)

自分の場合・・・

視力回復したい ⇒ 原因は何ぞ? ⇒ 一重まぶたが元凶だよね? ⇒ まず一重まぶたを二重まぶたにしよう!

この方の場合・・・

二重まぶたになりたい! ⇒ なれた! ⇒ 二重になれない方は目が悪くて目を細めるからじゃない? ⇒ メガネ・コンタクトなりでまず目を良くしてからにしよう!
ちょっと入り口が違うわね?

 

スポンサードリンク

 

【PICK-UP】

自分の方法のメリット・デメリット

自分の方法は、

シリーズ記事にちらほら書いてるように、

数日で二重まぶたの初期状態が定着するという、

即効性

がある可能性がありますが、

それなりの「感覚と実践力」が必要です(^^;)

 

即効性がある可能性ってなぁに? 出来てたんじゃないの?
出来てるわよ! ただ、今は、実践者が自分ひとりだから、本当に誰でもそうなるのかは未知数って意味らしいわよ?
あ〜

もちろん、

自分がやったやり方は、

もう少し時間的に気長にやるスタンスで実践すれば、

脱落者が少なく、かつ、安全な方法になるとは思います。

しかしながら・・・

シリーズ記事でも書いたように、自分の方法には、

 

二重のラインを理想的にコントロールするプロセスがありません(^^;)

身体が提示して来る自然に二重になるラインを捉えるだけ(^^;)

視力回復のために、まずは、二重になるコトが重要!

と、思いついた方法をトライし、

左右が違う感じの二重まぶたになったコトについては、

その内、自然に脳みそが自分に似合う二重まぶたに調整して、

左右差が無くなって来るだろう?

とかいう、楽観主義でやってました。

小道具も指も何も使ってません(^^;)

だからラインのコントロールをするプロセスが無いんですね〜

 

詳しくは、

アプローチは違うけど、自力で二重まぶたにしてる方のサイトを発見

をどうぞ。

スポンサードリンク

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system