脱力法を自分でやってみての見解その2〜敢えて記事にしてませんでしたが、コメント欄でのやりとりに書いちゃったので記事にしました|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

R0322899

(Photo by Kazuhiro Shiozawa)

 

 


スポンサードリンク


はじめに

 

視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめその3|瞳孔括約筋、瞳孔散大筋、毛様体平滑筋編

のコメント欄でやり取りしていたものから、脱力法に関する見解部分を抜き出し・・・です。

まぁ、大したこと無いと言えば無いんですけどね(^^;)

 

書き直そうかと思ったんですが、そのままの文体で、若干補足を加えてます(赤字)。

全体のやり取りに興味ある方は、上の記事のコメント欄をどうぞ。

 

 

 


スポンサードリンク


ひなさんとのやりとり

 

記事ご覧になって頂けてればお分かりと思うのですが、

自分自身は、

いわゆる正統な?やり方での脱力法は出来てませんのでアドバイスは微妙ですが・・・

ひなさんは脱力法に完全には入れてないように見えます。

 

ご参考⇒

 

 

脱力法は、自分の理解では、

脱力法は房水コントロールで角膜圧を下げて、角膜曲率を下げる(たわませる)方法

です。

 

房水排出は、副交感神経刺激を強めて起こせます。

毛様体筋と瞳孔括約筋の収縮の副次作用で、

繊維柱帯経拡大及び、ぶどう膜(副経路:少ない)から排出が促されます。

 

感覚的に違和感ありますよね?

近視寄りでないと角膜たわみ現象は起こせない

ってことになります。

角膜不安定の制御が難しいからではなくという課題以前に、

人によって実は発動の仕組みが微妙に違っている方法を同じものとして

共有しようとしているから余計に難度が高くなってんじゃない?

と疑ってました。

 

でも、脱力法は研究好きの方多そうだし、

結局使ってない自分が横から口を挟むのもなんだよなぁ・・と、

敢えて記事にはしてませんでしたけど(^^;)

 

正統な?方法は、

眼圧短周期変動⇒その波の中で角膜を捕まえる⇒安定させる

という動きなんじゃないかと思います。

 

その波の動きも

「そもそもやり方が感覚的な方法」

・・・なので、色々発生してる可能性ありますよね?

 

例えば実現ロジックはざっと思いつくだけでも4つほど。

  • 眼圧急速強制加圧⇒眼圧正常化戻りまでのたわみ利用(危ない/短時間/やや安定)
  • 眼圧急速強制減圧⇒眼圧正常化戻りまでのたわみ利用(短時間/不安定)
  • 眼圧急速減圧⇒減圧常態化(長時間/安定)
  • 眼圧低速減圧⇒減圧常態化(長時間/安定)

 

一番下が理想かなぁ・・・

 

ひなさんの場合はすぐ外れるとのことなので、

多分、脱力法にうまく入門出来てないと思います。

 

というか、今更ですが、

ひなさんのは2chの脱力法を指してますか?

それとも他の脱力な方法ですか?

 

どうも話が合ってない気がして確認したんですが、

ちょっと確認し切れませんでした(^^;)

 

自分は脱力さんの「脱力法」はとても素晴らしい方法だと思ってますが、

他の眼筋を脱力すれば治ると謳ってるようなメソッド類は、

治せる対象と効果が非常に限られていると考えてます。

名前は似てますが、全く別物です(^^;)


 

とりあえず一旦回答しておきますね。

 

 

Powered by 視力回復コア・ポータル|目・眼・視力の知るべき真実|真・視力回復法〜軸性近視からの回復

視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように
プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ば過ぎののスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視、はたまた、眼精疲労や頭痛やドライアイ」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system