視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

新・視力回復法での最速の視力回復ルート〜乱視ありの酷い目の方が視力回復が早い?その理由とは?|視力回復コア・ポータル

書きかけては秘密情報に触れそうになってボツばっかりで、記事上げなさ過ぎ(^^;)

ってコトでこれなら書けるかな?という視点で。

 


スポンサードリンク


現状の視力すら捨てる覚悟が視力回復を早くする秘密?

乱視が有るより無い方が視力回復は早いと考えるのが一般的です。

ぱっと考えると当然ですよね(^^;)

 

ただし、

内眼筋のコリ状態や、眼球変形、眼球内変位の状態によっては、

現状の視力や見え方を維持しながら徐々に視力アップ

・・・と考えるよりも、

一旦、視力が悪化、見え方が悪化するというルートを通った方が、

結果的に視力回復が早いかも知れません。

 

え? どうゆうこと?

 

まぁ、徐々にわかるのでどうぞ!

 

色々試せたのは既にとんでもなく目が悪かったおかげ

過去記事でも書いてますが、

最初は失明を恐れて、研究・模索するにつれ、

色々とやることが大胆になってます(^^;)

 

自分の目は、

混合型近視(造語)で、 軸性近視(混合型)(造語)で、MIX乱視(不正乱視)で、軸異常で、反射異常!!!

と、とんでもなく悪かったけれども、

失明の危険は脱却できた安心感を得たことで、

つでに、ぐんと視力を回復してやろう!という新たな目標が出来ました。

 

失明回避や、二重まぶた化で無茶しても大丈夫だったこともあって?

結構無茶なコトやっても失明したりしないだろう?

・・・と、逆に妙な自信がついてしまいました(^^;)

 

お詫び

あちこちに自分は、MIX乱視(混合性乱視)と書いてましたが、

どうやら「不正乱視」というのが正しいようです。

ずっと、

MIX乱視(混合性乱視)=不正乱視

と勘違いしてました、すいませんm(_ _)m

MIX乱視は、歪みの結果、近視状態と遠視状態が混合しているケースを指すようです。

記事内の記述は、徐々に直します・・・

 

 

新・視力回復法のコア・メソッドはトレーニングの部品群

 

コア・メソッドは使いようです。

安全・安心にゆっくりとのペースも可能ですし、

高負荷でペースを上げることも可能です。

 

一旦視力が悪化するリスクを許容出来るなら、

超速での視力回復も可能です(^^;)

 

 

今回はこの超速での視力回復のお話です。

 


スポンサードリンク


新・視力回復法での最速ルート

通常は、視力値、乱視調整、視軸調整、眼軸調整、脳コントロールの調整

・・・という主だった項目を順次鍛えていきます。

状況に応じて、シリアルにやったり、パラレルにやったり、色々です。

 

結局、振り返ってみると、

視力回復トレーニングの中で一番難易度が高いのが、

  • 難易度: 軸性近視を治す < 乱視を治す

ということかも知れません。 

あくまで個人の感想です(^^;)

 

自分の乱視の場合、

外界の1点からの光が網膜の複数点に結像してしまう、いわゆる不正乱視に収差が加わっています

これを色々とバランス取りながら調整していくワケです。

乱視のメカニズム(図解)〜乱視を矯正・補正していく過程での実際の見え方の例ー視力回復コア・ポータル

 

視力回復の最速ルートの場合は、細かいことを考えずに一気に行きます(^^;)

一気にいくわよ?

 

1.あるものをある見え方が出来るようにコア・メソッドでトレーニングを実践

   もともと目が悪い方は困らないでしょうが、そこまで目が悪くない方は

   一旦視力が落ちる、見え方が悪くなるなどの副作用がある可能性大です。

   ここに至れるまでの期間はちょっとわかりません。

   自分自身の色んな模索と研究の結果で、これなら効率的かな?

   と、コア・メソッドの体系を組み上げたので、素からやったらどうなる?

   というところが検証出来ていません。

   ただ、早い方で数日、遅い方でも1〜2週間もあれば・・・

   とは思ってます。

 

2.その状態で、あるコア・メソッドを重ねながら、何かを見ます。

   視軸・眼軸の調整、乱視の調整、脳の調整は、

   1+2の効果で実は不要になります。

 

3.慣れると数秒で視界が一気に開けます。

   この段階では、文字はくっきり見えているけれども、全体がもやっている感じです。

   自分の感覚的には、神々しい世界を見ているかのような不思議な感覚になります。

   見るものや距離は特に関係ありません。

   あるものとあるもののバランスを脳の閾値内に乗せれば、あとは全自動です。

 

4.このもやを消して完全にクリアにします。

   あっという間に視力回復です。

   ただし、この段階から超負荷がかかります。

   基礎力が足りないとうまく乗れません⇒コア・メソッドで基礎力をさらに鍛えます。

 

これが、

  • 非推奨にしているゾーン強制法を実践した時の一連の流れ

ということでもあります。

 

非推奨にしている理由は以前に記事に書いた通り、

負荷が非常に高いことと、負荷も脳まかせになってしまうため、

眼の状態が悪い人にはまずいことがあるかも知れないから・・・

です。

 

逆に言えば、

どうせ目が悪いから多少のリスクは負うよ!

という方にはアリな方法と言えます。

 

実はやっかいな乱視や視軸調整なども、

「まずは1の状態になること」を新・視力回復法の初期遷移状態とすれば、

  • 面倒なことを考える必要もなく、単純なトレーニングで時間が解決する
  • プレ・ゾーンという概念も不要になる

・・・と、よりフルオートなメソッドに成り得るのですが、

一般化する以上、少しでもリスクがある方法をベースとするワケには行きませんからね〜

 

 

powered by 視力回復コア・ポータル|新・視力回復法〜コア・メソッド〜軸性近視からの回復法

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system