視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

脱力法を自分でやってみての見解その1〜ネタバレしない程度に・・・(^^;)|視力回復コア・ポータル

R0322888

(Photo by Kazuhiro Shiozawa)

 

 

脱力法・・・

当初の自分理論と、

そっちのルートに入ってはいけない、という直感から、

脱力法のやり方をまねてみるコトは避けてました。

(ご参考)脱力法のルートに入らなかった自分 【やすみん001流 新・視力回復法】

 

・・・が、ある程度自分の手法が確立してみると、

どうしても「やってみたい!」という衝動が抑えられなくなりました(^^;)

 

ここまで自分の状態をコントロール出来るようになったんだし、

変な状態になってもすぐ治せるでしょ?

とトライしてみるコトに。

 

 

やってみると・・・

あれ?想像以上に難しい

外眼筋、毛様体のリラックスなんてお手の物です、

どれどれ・・・

とにかく超絶リラックスすればいいんだよね?

 

サッカード、モーフィング、視界の白ばみ、

涙の大量噴出、映像の滑らかな上下左右動・・・

 

うん、こんな現象が起きるハズと書いてある、

色んな現象はすぐに再現しました。

 

あとは、

固視微動を止めずに凝視してれば良いんだよね?

 

しばらく頑張っても、

ぐわぁ〜っと視力がアップする現象が起きません。

 

ん〜

 


スポンサードリンク


無駄な心配をした

簡単に出来ると思ってましたが、サッパリ出来ません(^^;)

変な癖とか、変な状態になるコトを心配してましたが、

それ以前の問題でした。

 

ま、いっか

 

実は予測はしてた

うん、実は出来ない可能性も予測はしてました。

 

視力2.0を出せるほどの眼になってるのに、

何故、脱力法がうまく出来ないのか?

 

 

 

○○○○○が足を引っ張ってる

脱力法の成功者が少ない理由のひとつに、

コレがあるんじゃないかと推測。

 

脱力法の仕組みはこんなコトじゃなかろうか?

という推測を元に視力アップ出来るケース、

出来ないケースを考えて見ます。

あくまで個人的見解ですのでそんな感じで受け止めて下さい

 

 

【脱力法がうまく行く人の場合】

脱力する⇒

角膜、水晶体が脳の正常コントロール外で不安定に変形する⇒

両変形が「偶然」にある閾値を超える部位を作り出す⇒

それを「たまたま」うまく視認出来ると脳が反応する⇒

脳が反応して、ある程度脳のコントロール下で、毛様体を微動させ、

視認範囲がうまく広がると一気に視力アップ。

 

 

【脱力法がうまく行かない人の場合】

脱力する⇒

角膜、水晶体が脳の正常コントロール外で不安定に変形する⇒

両変形が「偶然」にある閾値を超える部位を作り出す⇒

それを「たまたま」うまく視認出来ると脳が反応する⇒

脳が反応して、ある程度脳のコントロール下で、毛様体を微動させるが、

○○○○○の影響で、視認範囲がうまく広がらずに、

閾値を外れて、視力アップ失敗。

 

 

ん?何この推測?脱力法出来なかったんだよね?

スポンサードリンク


いえいえ、「一応」脱力法も再現出来ました

脱力法⇒脱力トップ・レンジと呼ばれている方法まで再現させました。

 

これは凄く苦労しました・・・

 

ほんと出来なくて、出来なくて(^^;)

 

偶然任せ、運任せじゃやってられないわよね?!

 

・・・と、

 

敢えて純粋な脱力法での再現を目指してたんですが、

何日やってもうまくはまらないので、

純粋な脱力法での再現は実は諦めました

 

 

だって、

上で推測したロジックと自分の眼の状態を考えると、出来ない方が当たり前・・・

ここで中断しても良かったんですが、

脱力トップ・レンジにとても興味が出て来てどうしても体験してみたかった(^^;)

 

えぇ、ズルしました(^^;)

 

ちょっと脱力法に、ある方法を加えて・・・

 

すると、すぐ脱力法に書かれてる視力アップ現象が発生。

 

おぉ〜、こんな感じでシュワッと来るのね。

 

 

次に、脱力トップ・レンジ

脱力法出来たら、すぐに脱力トップ・レンジも出来るかと

思ってたんですが、ここもちょっと苦労しました。

 

謎の力が発生しない・・・簡単に出来ないね〜

 

 

ここも理屈を考えて見ました。

 

更なる次の段階、脱力トップ・レンジの場合

更に先の段階の「脱力トップ・レンジ」についても同様に考察してみます。

 

 

【脱力トップ・レンジがうまく行く人の場合】

脱力する⇒

角膜、水晶体が脳の正常コントロール外で不安定に変形する⇒

両変形が「偶然」にある閾値を超える部位を作り出す⇒

それを「たまたま」うまく視認出来ると脳が反応する⇒

脳が反応して、ある程度脳のコントロール下で、毛様体を微動させ、

視認範囲がうまく広がると一気に視力アップ⇒

さらに視認範囲の閾値を超えると、脳の反応領域が変化し、

外眼筋も反応する⇒外眼筋が反応しても視認範囲に「崩れ」

が発生しない場合、一気に視力アップした状態が脳に完全掌握されて

視力が安定する。

 

 

【脱力トップ・レンジがうまく行かない人の場合】

脱力する⇒

角膜、水晶体が脳の正常コントロール外で不安定に変形する⇒

両変形が「偶然」にある閾値を超える部位を作り出す⇒

それを「たまたま」うまく視認出来ると脳が反応する⇒

脳が反応して、ある程度脳のコントロール下で、毛様体を微動させ、

視認範囲がうまく広がると一気に視力アップ⇒

さらに視認範囲の閾値を超えると、脳の反応領域が変化し、

外眼筋も反応する⇒しかし眼の状態が悪すぎると、

外眼筋が反応して視認範囲に「崩れ」が発生し、

脱力トップ・レンジは発動しない。

 

 

理屈を踏まえて、脱力トップ・レンジをやってみる

先ほどの推測から、自分理論での手法を加えて・・・

 

おぉ〜、持ってかれる・・・ なるほど、こんな感覚かぁ・・・

 

もしかしたら、自分の定義した「ゾーン」と同じ状態なのかなぁ?

と思ってましたが、全然感覚が違いましたね。

 

 

やっぱり、眼機能は神秘的

超絶的に視力をアップする方法・・・

発見されてないだけで、人間は幾つも持ってそうですね。

 

少なくとも、

脱力法と、自分の方法は、やり方も、実現感覚も異なるので、

驚異的に視力をアップさせられる方法は、少なくとも2つあるコトになるわね?

 

研究部屋でも書いてるけど、

これは実際に体験しないと、

そんな素晴らしい方法が実在するなんて信じられない!

というレベルの現象と思います。

 

そして、脱力法は、(個人的見解ですが)

・習得難度が高い(まずは「偶然」をうまく引き当てる忍耐やコツが必要)

・軸性近視の改善には直接的には寄与しない

という弱点はありますが、

視力回復がなかなか出来ない・・・という方には

十分に夢を与えてくれる方法です。

 

 

あ、伏字・・・さすがに簡単だから、わかりますよね?

 

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 軸性近視回復ナビ(やすみん001流(仮)新・視力回復法)(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system