視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように

【視力回復の研究】 自分で試して効果があった瞬間的(一時的)に目を良くするトレーニング方法(2)|新・視力回復法|視力回復コア・ポータル

BurningGlass.png
BurningGlass by William Bates - http://www.central-fixation.com/perfect-sight-without-glasses/chapter-17.php . Licensed under Public Domain via Wikimedia Commons .

 

 

さすがに異常な光刺激がどう影響するか?ってトコが読み切れなくて、

この方法で継続的な視力アップに繋がる研究・模索はしていません(^^;)

 

ただ、

縮瞳を意図的(意識的)に起こすリスクの少ない方法は他にもあるので、

別に困らない・・・というコトになります。

 

 

1.準備するもの

事前に準備するものはこれだけです。

・TVやPCなどの1〜2mmのLED

 (光源をぼや〜っと見れるならLEDじゃなくてもOK)

・暗めの部屋

・明るめの懐中電灯

 

 

2.縮瞳(しゅくどう)の実験・体験

まぁ、日常生活の中でも普段から目の見え方を意識していれば、

恐らくは多くの方が体験している出来事ではあります。

・片目をつぶります

・開いている目でLED光源をみつめます。

・力を抜いて、ぼ〜っと眺めます。

・目が悪い方は、実際のLEDサイズよりも何倍にも膨れた光・・・

 あるいは、乱視が酷ければ、LED光源が何個にも見えた上にぼわっと広がる・・・

 という感じで見えているコトでしょう。

・ぼ〜っと眺めて、LEDの光の大きさが安定したら、閉じた目に懐中電灯を当てます。

 まぶたに触れない程度で、間違っても目に強くは当てないようにしましょう。

・そして、懐中電灯ON!

 

ぼ〜っと見えていた光の輪・・・どうなりました?

恐らく、1秒程度で光の輪が小さくなったと思います。

 

 

縮瞳とは?その仕組みは?

「対光反射」と呼ばれる皮質下反射(無意識領域)によって引き起こされます。

ご参考⇒【近視回復の研究】 上下で見える映像が傾いて重ならない(ずれる)ことの理由

 

光を受けて、瞳孔が小さくなる反射で、「縮瞳」と呼ばれています。

 

かなり端折ってると、その動作は・・・

光を当てられた眼(網膜)からの刺激が、

中脳上丘のエディンガー・ウェストファル核(E-W核)に入る(直接反応)

そして、後交連を介して繋がった別のエディンガー・ウェストファル核に

同程度の神経刺激を伝える(間接反応)

となって、

目をつぶっているハズの眼にも同じ反射が起きる・・・ってなコトのようです。

 

(参考元はWikipediaとか色々・・・まとめて引用出来れば楽なんだけど)

 

この現象は、

共感性対光反射、交感性対光反射、同感性対光反射とか

呼ばれてるみたいです。

 

 


スポンサードリンク


ベイツ医師の太陽光を眼にあてる話

とんでも無い話だ!

と批判される一つのエピソードに、サンゲイジングがあります。

 

白目に虫眼鏡?で光を当てる治療とか、

(最初の写真がソレです(^^;))

健康な人は太陽を直接見ても平気とか何とか。

軸性近視は治せない?  いや、ベイツ・メソッドがあるじゃないか! でも、擬似科学なんでしょ? え?

でも書いたように、

こういった話は、もはやどこまで真実なのかは分かりません(^^;)

 

そういえば、

最近だと、

太陽光を受ける時間が視力に影響するとかいう話も出て来てますね。

タイトル眺めて、ふ〜ん・・・レベルで終わってますが(^^;)

 

 


スポンサードリンク


ベイツ医師の逸話が事実であったと仮定すると・・・

理論先行で、より強い光による強制「縮瞳」トレーニングを模索していた・・・

と考えるのが、一番ベイツ医師を持ち上げたパターン(^^;)

 

後は、

理屈は良くわからんけど、色んな実験をやってたら、

強い光を見せた後は目が良くなる効果が出る人が多いなぁ・・・と気付いた・・・

だから、より強い光を求めてたら「太陽光」に行き着いた・・・

で、最後には、

虫眼鏡?で白目に直接光を当てるという、

想像するだに怖い治療法を考え出した・・・(^^;)

ってなパターン?

 

 

光による瞳孔(虹彩筋)のトレーニングの有効性

この方法だけだとトレーニング効果は薄いですが、

公開していないある方法と組み合わせると、

何度か懐中電灯を入り切りする・・・

というだけで結構視力がアップしました。

 

普通に目の状態が悪い方がこれをやると、大抵は、

微妙に視力は確かにアップした・・・ってな程度だと思います。

ただ、

【視力回復の研究】縮瞳(ピンホール効果)による視力アップという勘違いルートの危険性【(仮)新・視力回復法】+縮瞳によるスーパー視力アップは実現可能か?+夜に視力が落ちる本当の理由?など

に書いたように、

症状の程度や条件次第では、

視力が割と簡単に回復してしまうかも知れませんね。

 

また、最初に書いたように、

道具を使わない(こだわります!)もっと効率良い方法を見つけたので、

これを利用した視力回復の模索は止めたので分かりませんが、

これはもっとまじめに追求すると、

視力回復法の1手法となる可能性はありそうですね。

 

 

・・・ってこれも書き過ぎか?

(読み直し・・・)

ま・・・軸性近視に直接効果がある話でも無いし・・・

大丈夫かな???(^^;)

 

 

 

未来からの追記:ちょっとした視力アップと疲れ目のリフレッシュにどうぞ! (Update:2016/03/21)

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 軸性近視回復ナビ(やすみん001流(仮)新・視力回復法)(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system