視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

【視力回復の研究】 「飛蚊症」についての昔からの疑問⇒本当にガラス体や網膜との隙間だけなの?|視力回復コア・ポータル

Floaters.png
Floaters . Licensed under パブリック・ドメイン via ウィキメディア・コモンズ .

 

 


スポンサードリンク


昔からの疑問

昔から疑問だったんですよ。

 

そして、【やすみん001流(仮)新・視力回復法 or 新・軸性近視回復法】で

もしかしたら治るかも?って思ってたんです。

 

なんか、名称すごく長くなってるわね?

 

 

視力回復の模索・研究で疑念がよりいっそう濃くなった

 

自分の場合、糸くずのようなゴミが主なんですが、その動きはというと・・・

 

お土産屋さんやおもちゃ屋さん、インテリアショップなんかで見かける、

透明容器に水が満たされていて、その中を綺麗なプラスティック片だったり、

色の付いたゲル状の物質が上から下に形を変えてゆっくりと下降する・・・

あの水を使った小物が想起されます。

 

眼の中の異物は大抵、

上⇒下に動き、脇に眼を振って寄せないと、視界中央付近をうろうろしてます。

 

眼球を軽く上に振ると、それにピュ〜ッと追従し、ゆっくりと重力落下して来ます。

 

上から下

そう、上から下なんですよね。

 

眼を振った時以外は、

下から上にあがったのは見たコトが無い。

 

 

浮遊物はどこにある?

 

飛蚊症 - Wikipedia より抜粋。

原因

 

目の内部を満たす硝子体内の混濁が網膜上に影を落とすことで発生する。

混濁の原因には、

  1. 生理的飛蚊症(病的ではないもので生来のもののことが多い)
  2. 後部硝子体剥離(病的ではないもので加齢・強度近視・打撲などによるもの)
  3. その他(網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎などの病的なもの)

などがある。

 

強度近視の眼は飛蚊症になりやすいと言われている。

 

 

生理的飛蚊症は眼の動きと同期する

ガラス体の中の構造物の剥がれ、融解、空洞などが見えるものという定義のようで、

眼を動かすと、それにキッチリと追従するのが生理的飛蚊症。

 

自分のはフワフワと動くので、生理的飛蚊症ではありませんね。

 

 


スポンサードリンク


飛蚊症

大抵の説明では、加齢等による「後部硝子体剥離」と説明されています。

加齢などでゲル状のガラス体が縮んで網膜と離れる。

その間は房水?で満たされる。

 

この水の部分を自由にゴミが飛びまわるのが飛蚊症・・・

ってなコトが書かれてます。

 

ちなみに自分が飛蚊症を最初に自覚したのは中学生の時。

ちょうどこの頃、ブルーフィールド内視現象 も自覚してました。

 

 

 

動きへの疑問

中学生だから、さすがに老化じゃないだろうし、

激しく頭をぶつけたコトも無い・・・ワケじゃないけど、まぁ無いとします。

 

強度近視の眼は飛蚊症になりやすい・・・と、Wikipedia先生。

でも、さすがにいきなり強度近視レベルでは無かった。

そこも目をつぶって、後部硝子体剥離が起こってたとしましょう。

 

網膜に映る像は上下左右逆さまです。

脳で上下左右反転して、天地を正しく認識します。

 

自分の浮遊物は、上から下にたゆたゆと落下します。

おや?
おやぁ〜?

浮遊物が網膜に影を落としているんだとすると、

下から上に上がって行かなきゃおかしくない???

 

ってコトでちゃんと調べるまでは、

「ガラス体は水で満たされている」と思っていた自分は、

ガラス体の中にある浮遊物が動いているもんだと思ってました。

 

眼球の前面よりで、倒立像になる前の部分で映り込んでた。

これなら動きも納得です。

 

 

でも・・・

ガラス体ってゲル状なんだよね?

ゲル・・・柔らかいけど、

相当に軽いと思われる細胞の欠片である浮遊物が

あんなに軽快に動けるほどのものなの?

 

 

あれだけ動けるのは水の中だから???

そうすると・・・可能性ある場所は、あとは何処?

一番怪しいのが、水晶体周りでしょうか。

 

洗面所の排水溝の穴あきフタに遮られて、

大きなゴミが流れ出さないのと同じように、

シュレム管を通って、浮遊物は排出されない。

 

前房水の辺りは、空間が大きいので、普通であれば

浮遊物(ゴミ)は、水晶体前面の下の方に溜まりそう。

 

でも、自分のは、フワフワと中央付近を漂っている。

動きが制限されてるかのようです。

 

じゃあ、水晶体とガラス体の間じゃないの???

そこなら、上下左右に抜け出せもしないし、

中央付近に漂い気味になるのもなんとなく分かります。

 

 

だったら視力回復ついでに治るかな?

ここに居るんだったら、水晶体を良いタイミングで

激しく動かせば、そこから浮遊物を追い出せるんじゃない?

 

そもそもが目が悪い時にはほとんど動いていない水晶体、

激しく動かす必要も実は無くて、

 

目が良くなれば(毛様体筋が動くようになれば)、

隙間から徐々に自然に排出されて、

角膜の中にはあるだろうけど、ほとんど目立たなくなるんじゃない?

 

そんなコトを考えてました。

 

もちろん、何故浮遊物(ゴミ)が剥がれ落ちてるのか?

という原因にもよると思いますけどね。

 

流れ出してもどんどん増えるんでは結局減らない・・・

 

で、視力が良くなった今、どうなの?

 

ピンホール・アイマスクで確認!

これは浮遊物確かめるのに重宝しますね。

 

手元に無い方は厚紙にでも1mm位の穴を開ければOK。

穴の空け方は写真見て自分で・・・(^^;)

 

ん〜、微妙なんですよね・・・(^^;)

 

ゴシャア〜っとあったのが減ってるとは思うんだけど、

全く無くなったワケじゃない。

 

更に、ある運動するともっと減った気はするけど、

抜け出してないけど寄ってるだけなのか・・・

 

それともやっぱりガラス体の中なの?

 

もう少し追えば、場所もハッキリして、

もっと良い方法が見つけられそうな気がしないでもないケド・・・

 

自分は、飛蚊症はそこまで気にならなかったんで、

視力回復のついでには完治しなかったなぁ・・・

ってな程度で、深追いしてなかったんだけど、

 

視力回復の協力者は、

かなり深刻に悩んでるみたいだったんで、

もう少し真面目に追ってみようかなぁ。

 

 

未来からの追記

 

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + (仮)新・視力回復法 or 新・軸性近視回復法(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system