視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように

【視力回復の研究】 音のシャワーが視力低下を招く?〜音を捉える能力(聴力)と視力の関係 【(仮)新・視力回復法】⇒目の悪さが軽い方は、この方法だけで視力がアップするかも知れませんね。|視力回復コア・ポータル

本当に耳を澄まして目で見れば視力があがるの??? by Red-whiskered Bulbul (紅羅雲/コウラウン)

Red-whiskeredbulbul(?耳?) flying over the city

(Photo by llee_wu)



ところで、

突然大きな音がしたらどうしますか?

大抵の方は驚いて、音の方向に振り向きますよね?

そして、視覚的に「音の発生原因」が認識出来ればそこを注視するし、

見つけられなければ、

一体どこから音が???

・・・と、「音の発生元」を探すと思います。


この時、大抵の方は、

「目」で見るコトよりも、「音」で、位置と距離感を図ろうとすると思います。


この時の感覚を思い出して見て下さい。

普段の生活と違う感覚で、目や耳を使ってませんか?



音が聴こえても、目で注視しない

普段の生活、絶えず音のシャワーに囲まれてますね。


だから「音」というものに、逆に鈍感になっていると思います。

狩猟時代とかなら、物音がしたらすぐ見る、警戒する、

これをやらないと命に関わるワケです。


今の時代は、

ちょっとやそっと「音」が聴こえてもその方向を見ないわね?

ってな感じ。



聞き耳を立てながら、目は違う方を向いている

普段の生活では、

脳内のイメージマップは、視覚、聴覚で独立して動いていると思います。


パソコンを操作しながら、他人と会話をする。

聴覚に引っ張られて、その人の方を向いてしまったのでは、

仕事にならないワケです。



現代人が忘れてしまった「音の方向を目と耳で探る」クセ(本能?)

ここにも、視力低下の要因があると考えています。


自分の視力回復法の研究・模索の経験では、


「目だけで見る」と「目で見ながら、耳で音を探る(聴く)」というのは大きく違います。


求心系のシグナルが増えて、脳みその指令が変わるのか?

明らかに遠心系(筋肉制御シグナル)が違っています。


そして、それに伴う筋肉コントロールは非常に良い感じです。


詳しくは書きませんが(^^;)





スポンサードリンク


耳も使って目でモノを見る効果?

つまり、

「単純に近くを見る、遠くを見る」のトレーニングと、「近くの音の出所を探りながら見る、そして、遠くの音の出所を探りながら見る」というトレーニングは、明らかに効果に差があるよ?

というコトですね。



昔は生活の一部だった、「目と耳を連動して遠くを見る(聴く)」行為

これが現代人には、ほとんど無くなってる・・・

というコトです。


目は近くしか見なくなった、音に合わせて目を動かさなくもなった

昔は2種類あった自然なトレーニングが、どちらも潰されてるワケです。




森林浴や散歩で緑を見ると目が良くなる(視力がアップする)というコトの真実

実はコレが真実なんじゃないかと自分は考えています。


緑を見る・・・


大抵は、さえずる鳥がいますし、音を立てる昆虫や動物がいます。


葉が風に揺れて擦れる音も聴こえます。


自然にいるだけでリラックスして、自然に「音」に敏感になります。


眼で見ているだけ・・・のつもりでいながら、耳(聴覚)も総動員して、眼を駆動しているワケね?

先ほど書いたように、耳も使うと、明らかに「眼の駆動」の仕方が変わります。


もちろん、複雑な模様や重なり具合の緑を見ているだけでも、

毛様体が激しく鍛えられる・・・ってなコトはあると思いますが、

自分の体感的には、耳(聴覚)も使った方がかなり優位に思えます。


(ちょっとウソかも知れませんが)

ネットで見ている限り、

自宅とかでの「遠近トレーニングで治らなかった」という方は見かけても、

「緑を見に行ったけど治らなかった」という方はあまり見かけたコトがありません。


これが、

効果が出やすいか?出にくいか?

の分れ目なんじゃないかと思ってます。


もちろん、どちらも、あくまで症状が軽い目の悪さ・・・の場合です。


軸性近視になってしまっている場合は厳しいと思います。

恐らく、数年単位での回復を目標にしなければならないでしょう。

10年弱の期間をかけて「遠くを見るだけ」で視力を回復した方の例のように。



ところで、

近くを見る環境要因が必然なので現代人が視力が悪くなるのは当然

仕方ない・・・そう主張する方々がいらっしゃいます。

(自分は否定してますが(^^;))


そして、先ほど書いたコトを考えると、

現代社会においては、

それは「見る」行為だけじゃなく、「聴く」行為にも当てはまる!

というコトですね。



ところで、

頭でアーティストの曲を思い起こす時、どうしてますか?

大抵の方は、頭の中心で、楽曲を再生しているんじゃないでしょうか?


これをライブ会場を思い浮かべながら、

ずっと遠くで楽曲が演奏されている・・・

そんなイメージで曲を1曲聴いて見て下さい。


少し目が良くなった気がしませんか?




スポンサードリンク


音の出所を意識して目で追う

これを普段の生活で意識するだけでも、

症状の軽い方は目が良くなるんじゃないかな?


・・・と考えてます。



近くを見る、遠くを見るトレーニングへの応用

近くを見る時は、小さな小人がか細い声で、

「お〜い」とこっちに向かって叫んでる様子を想像しながら見る。


遠くを見る時も、小さな小人がか細い声で、

「お〜い」とこっちに向かって叫んでる様子を想像しながら見る。


こんな感じでしょうか。



ちなみに、

やすみん流の(仮)新・視力回復法での扱い

これって、結局「見る」トレーニングだよね?


やすみん流の(仮)新・視力回復法では、

・道具を使わない

・目で見るトレーニングはしない

を特長としているので、


あくまで、

トレーニング(メソッド)の感覚が掴めない方用の

補助として利用するコトになりますね。



シリーズ記事: 日本人に目が悪い人が多い理由と治し方が分かった気がする・・・新説? やすみん001流 (仮)新・視力回復法

(軸性近視で視力0.02だった40半ばのおっさん、独自の研究と模索で、超瞬間視力ですが、視力2.0を出せる眼には回復(^^;))


興味ある方はどうぞ⇒やすみん001流【(仮)新・視力回復法】の研究部屋


あ・・・ランキング参加してるので記事気に入ったらクリックお願い致します。


前の記事⇒ 【視力回復の研究】 片目だけ視力が悪い理由 【(仮)新・視力回復法】
次の記事⇒ 【視力回復の研究】 「モーツアルトを聞いて視力回復」という一風変わったトレーニングに効果はあるのか?


by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + (仮)新・視力回復法 (Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system