視力回復メカニズム/予防システムの真髄公開希望なら?

近視回復の研究|目をギュッとつぶって目が良くなる方法・・・闇雲にやるのは、ちょっと危険だよね?⇒視力を一瞬でアップ、自分でも実際にやってみた見解を追記しました|真・視力回復法〜視力回復コア・ポータル

簡単図解シリーズ08|目をぎゅっと強くつぶったり、まぶたを強く閉じたりで視力が一時的にアップする理由と危ない理由(視力回復トレーニングや眼精疲労改善で大抵入ってるけど・・・)

 

 

で、ちょっと触れました、

一日、たった5分で視力アップする方法・・・

について、別の視点で更に深堀します。

 

 


スポンサードリンク


ちょっと再掲

以前の記事で、次のようなコトを書きました。

 


最近目にするベイツ理論の派生メソッド

最近だと、

5分で視力回復トレーニングとかがはやってるみたいです。

 


目を強くつぶる(絞る)を10秒間、
その後10秒だけで上を見る、
その後また強く目をつぶる
これを、上、下、左、右へ順番で。

 

∞の字を3回指で描き目で追う。

指を奥から手前へ3回動かし目で追う。

 

 

軸性近視の改善にも効くと紹介されているこの回復メソッド、

ベイツ・メソッドが真実だったと仮定しても、

この回復メソッドには、疑問が残ります(^^;)

 

理由は、

に書いてありますが、

 

多分、ほとんどの軸性近視の方には、 恒常的で大きな改善効果は無いんじゃないかなぁ(^^;)



 

今回は、前記事とは別の点について、深堀してみます。

 

 

明らかに軸性近視っぽい光浦さんが、がっつり視力アップしてるよね?

スポンサードリンク


どれ位視力アップしたのか?

2010年(^^;)のTV番組で、

光浦さんの視力(メガネ着用の矯正視力、裸眼は0.01と0.02):

  • 右0.6 →1.5
  • 左0.8 →1.5

とのコトでした。

(光浦さんのトコまでの動画があったので一応見ました)

 

 

条件的には、自分は光浦さんとほぼ一緒だというコトになります。

自分は、瞬間視レベルですが、

視力0.02〜0.04付近から2ヶ月ほどで、2.0達成しています。

0.4まで視力がアップしたのは、約1週間。

 

色んな要素があり、単純に上げ幅で比較出来ないんですが、

 

自分と比較して、たった5分でかなり驚異的な上げ幅ですね。

 

 

メジャーリーガーの例

番組内では、メジャーリーガーが、

この5分の訓練を継続して、0.5⇒0.8になった

とテロップが出てました。

 

  • どれ位の期間やったのか?
  • 他の訓練は組み合わせてないのか?

 

と、諸条件が全く不明ですが、

番組で紹介したトレーニングを行ってたとすると、

これはこれで、上げ幅0.3は逆に小さ過ぎる気がしますが・・・

何故?
外眼筋を鍛えるコトで目を良くする・・・と、強調している割には、きっちり内眼筋(毛様体筋)のトレーニングも組み合わされてたからよ!(^^;)

 

 

さて、

光浦さんの視力アップ・マジックの本当の要因は?

光浦さんは、視力回復トレーニングを恐らくこれまでもやったコトはなく、

番組内でも、約5分しかやってないワケです。

 

そして、先ほど書いたように、自分とほぼ同じレベルの目の悪さです。

 

矯正視力からのスタートなので、単純には比較出来ない・・・

ってな部分もありますが、

自分の経験も踏まえて、ちょっと考えてみます。

 

 

めがねをかけての最大視力が、0.6、0.8に調整されている状態ですから、

そこから更に遠くを見るためには、

  • 水晶体を更に薄くする(毛様体筋の更なる弛緩)
  • 外眼筋のコリをほぐしての眼球短縮で焦点距離を縮める
  • 角膜を更に薄く変形させる
  • 脳の分解能をアップする

ってなコトが眼の構造的に必要なワケです。

 

 

目が非常に悪い状態であったコトと、視力の驚異的な上げ幅を考えると・・・たった5分で大きく変化した要素は・・・
  • 水晶体を更に薄くする(毛様体筋の弛緩) ⇒ X
  • 外眼筋のコリをほぐしての眼球短縮で焦点距離を縮める ⇒ X
  • 角膜を更に薄く変形させる ⇒ ◎(@@)!
  • 脳の分解能をアップする ⇒ △

 

となりそうです。

 

「自分の目は見える!」での思い込み効果が高かったとすると、

それを強めたのは、

光浦さんの普段使いのメガネを使わずに、

わざわざ、0.6,0.8の眼鏡に変えたコトかも知れませんね。

普段の視界が例えば、0.8,1.0程度のクリアさだったとすると、

脳みそが急にいつもより見えないのは変!

と余計頑張りやすい状態だったのかも知れませんね(^^;)

 

芸人さんだから、

さすがに普段が、0.5、0.7以下ってコトは無いとは思うんですが、

このケースだった場合は、どうなるんだろう?

矯正めがねかけて、いつもより見えてる嬉しい!

もっと頑張れるかな?

うん!見える!わたしは見える!

ってな感じなのかな?(^^;)

 

 

トレーニングに目をぎゅっとつぶる!ってのが何回も入ってる

番組内で説明された、

継続的にトレーニングしないと、視力があがった状態は、1〜2時間しか持たない

ってコトを考えると、やはり視力が瞬間的にアップした要因はコレじゃないでしょうか?

 

さらっと流してる「奥に引き込むように・・・」ってのも実は重要なんですけど、

光浦さんの場合は、これによる影響は少ないでしょうから今は無視します。

 

 

やみくもに角膜を眼輪筋で押し込むのは良くないのでは?

目の状態がわりと良い方だと、

軽く角膜を圧迫・変形させて一時的に視力を上げるのは、

脳への気付かせの「キッカケ」として「有り」かも知れませんが、

 

そうでなくてもあらゆるバランスを崩している、

視力低下者への視力回復のトレーニングとして、

その理屈や効果の説明が無いままに、

闇雲に強烈な角膜の圧迫動作を組み込むのは、

かなり良くないんじゃないかなぁ・・・

 

色々な弊害が起こりそう・・・

 

乱視矯正の為に、自分の手でそっと角膜マッサージする・・・

ってのとはワケが違うと思うんですよね。

 

まぶた(眼輪筋)によるナチュラル・オルソケラトロジーってのも、

個人的には十分「アリ」と思ってますが、少なくとも、

ただギュッとつぶるだけじゃ、そうはならない(^^;)

 

 

あくまで、個人的な感想です(^^;)

 

 

未来からのお知らせ: 実際にやってみた見解よ!⇒

 

リスク説明せずに、義務としてやらせる状態になってるのはまずいんじゃない?

ということで、

という記事を書きました。

その中でも書いてますが、

最近では、一般的な視力回復法に当然のように組み込まれてしまってるんですよね・・・

(もちろん、危険性についての説明無しで(^^;))

個人的には、やっぱり結構問題だと思うんですけど・・・

 

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 新・視力回復法|コア・メソッド〜軸性近視からの回復(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ばのスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)

アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

おすすめ記事

 

inserted by FC2 system