1日たった数分のトレーニングで目が良くなる? 短期の視力回復なら、1日何百回でもやるべきじゃ?|視力回復コア・ポータル

知りたい!簡単図解シリーズ10|1日数分で視力回復|長年かけて目が悪くなった方は、それなりの時間をかけないと視力回復が難しいことが多いと思う

 

(写真は本文と直接関係ありません(^^;))

味のある素晴らしい写真ですよね〜見入ってしまう(^^;)

筋肉人夫妻一週年紀念照

(Photo by lucky_sunny)

 

 

(未来からの追記)

「他の視力回復法と比較して、圧倒的に短期間で視力回復出来るのは何故か?」

そのコンセプトとメカニズムをちょっとだけ書いてます⇒

 

視力回復のトレーニング時間や回数は多くあるべき・・・という視点とは別に、

近視や乱視を治すトレーニングをする前に、まず知るべきメカニズムがあります

そして、

視力回復の阻害要因を除去、あるいは対策・対応を考慮して初めて、

「視力回復トレーニング」は効果を発揮します。

・・・というお話⇒

 

特に、

色んな回復トレーニングや予防・改善トレーニングを時間をかけてやっているのに・・・

近視・乱視がぜんぜん治らない、視力回復がなかなかうまく行かない・・・

両目の視力差(不同視)が酷くて気持ち悪い、いつも頭痛がひどい・・・

眼精疲労が何をしても治らない、いつも目の奥が痛む、こめかみの頭痛が酷い・・・

そんな方には、次の記事をお勧めします。

利き目矯正(切り替え/スイッチング)による新発想の視力低下予防法

 

 

数年スパンで目を治したい? 早く治したい?

数年スパンで目を治したい方はそれで良いケド・・・

 

大抵は、そうじゃないよね?(^^;)

 

いんや〜、おら、のんびりでいいだ〜

 

って方は、あとは、読む必要ないかな(^^;)

 

 

早く視力を回復させたいなら、トレーニングは、一日、何百回でも何千回でも(^^;)

自分の経験的に考えると、

 

目のトレーニングは、気付けば、暇さえあれば、やるべきよ!

と思います。

 

筋トレもあれば、コリを取るトレーニングもあれば、

弛緩するトレーニングもあります。

 

トレーニング・・・には同時に、

血流アップ、老廃物処理の効果もあるワケです。

 

経験的には、コリや疲れをちょっとでも感じたら、

すぐケア!

出来れば、コリや疲れを感じる前にケア!

これが一番と思います。

 

 


スポンサードリンク


視力回復を生活の一部にする・・・まとめて時間を取る必要は無い

あれ?と思ったら、目をグイッと動かす。

顔を上げたら、目をグイッと動かす。

トイレに立ったら、目をグイッと動かす。

周りを見る時に、目をグイッと動かす。

コーヒーやお茶をグビッと飲んだら、目をグイッと動かす。

とにかく何かやる度に、目をグイッと動かす。

 

コリや疲れを感じる前にこれらをやるコトで、

相当な予防になります。

 

日常の生活の色んな動作にかこつけて、目の動作をワンショット行うだけで、一日数えれば、相当の数になるわよ?

そして、

ワンショット動作に筋トレの意味を込めるも良し、ストレッチの意味を込めるも良し・・・

です。

 

とにかく、ただ、漫然と目を使わない・・・ってコトだよね?

 

 

意識を変えないと自分のようになる(^^;)

良く言われてる目のストレッチとかの効果・・・目のポジションが定まって初めて効果を実感?

で書いてますが、

 

目を上下左右に動かす、ぐるっと回す、

まばたきする、

などなど・・・

 

いわゆる常識として知られている目の体操ね?

これまでもやってはいましたが、どうもイマイチ・・・

という感じでした。

 

さほど、スッキリしない(^^;)

 

結局、シュワッ!っと効く目薬が一番すっきりするってな感じ。

目薬が一番だね?

ただ、

我慢しないで何度も使う ⇒効果が薄れる ⇒目薬を変える ・・・のサイクルがどんどん短くなる

ってな感じになるんで、

かなり前から、ほとんど目薬は使わなくなってました

ある意味、不調の状態に慣れて、気にしない・・・コトを選んだワケです。

 

 

・・・と、今思うと、とんでもない結論に至っていたワケです(^^;)

 

そして・・・

まさか失明?そんな恐怖から視力回復に本気になった

で書いたような恐怖を味わうコトになります(^^;)

 

 

こんな目に遭いたく無いわよね?

 

 

 

トレーニングを始めると、コリ、疲れに、より敏感になる

目は、敏感なので、

視力回復トレーニングを始めると、

如何に色んなモノが足りなかったのか

感覚的に分かるようになります。

 

コツとしては、変な常識に捉われずに、自分の感覚・感性を信じるコト(^^;)

 

自分の経験的に、

目を動かすトレーニングは最重要

です。

 

トレーニング初期は、

目を手で覆って温める・・・とか、

目薬・・・とか、

ツボ押し・・・とか、

場合によっては、頭痛薬・・・とか?

が必要でしょうか?

 

自分は、ツボ押しはしませんでしたけどね(^^;)

 

 

ある段階を超えると、

目を動かしてれば、もう何も要らない・・・

ってな感じになります。

(自分の場合)

 

目が原因で誘発される頭痛は起こらなくなった気がします。

目の奥から始まるヤツですね。

 

 

そうなったのは、

視力回復トレーニングを続けて1ヵ月半を越えてから

ですかね?

 

 

それまでは、

目を手のひらで覆って温めるのがとても大事で有効だった

手のひら(パーム)で温めるこの行為をパーミングと言うらしいです。

 

眼軸を縮める自己流トレーニングは、超ハードだったので、

10秒〜20秒のパーミングが物凄く効きました。

 

温度が足りないと感じる時は、手をこすってから、

あるいは、口元まで覆って、息で温めるとかしてました。

 

 

顔も刺激された

顔の表面も刺激されるらしく、

それまでは、どんなに疲れても、

顔を拭うような動作なんてほとんどしたことが無いのに、

勝手になでるように手が動くようになりました。

 

それも、

顔の表面をおでこからあご下まで蛇がうねるように(^^;)

 

リンパの流れとか考えると、

こんな方法は良いとは思えないんですが、

実際気持ち良いし、

体が勝手に動いたコトなので尊重してます(^^;)

 

この顔なでは、体が求めてくるので、

毎日何度かやってます。

目の上も通過するので、

もしかすると、これがパーミングの代わりに

なってるだけなのかも知れませんね。

 

 

 

超短期で視力回復するなら、ハード・トレーニングが必要

自分の経験的に、

 

特に、軸性近視を治すトレーニングで効果を出すには、

一旦は、ハードなトレーニングを乗り越える必要がある

・・・と思ってます。

 

数年かけて回復させるつもりなら、ゆったり、やんわりやっても、いいんじゃない?

ん〜、どうでしょうね?

自分の経験的には、ちょっと難しいんじゃないかと思います。

 

というか、

数年かけるつもりで取り組む方なんていらっしゃるの???

って思いますけど(^^;)

 

 


スポンサードリンク


ハード・トレーニングは反動も大きい

人によっては、

 

最初の数日、下手すれば数週間は、翌日のダメージがいつもより、大きい日

もあると思います。

 

 

通常の筋トレと同じで、

 

ある程度の筋力と可動域がついてくると、平気

になります。

 

 

ただし、

眼に何らかの疾患傾向があるとか、弱い部分を持っている方は、目の状態に相当に注意を払わないと、危険かも知れません

 

そして、自分の経験から、

ハード・トレーニングを勧めてはいますが、

自覚が無かったけど、眼に弱い部分を持っていた・・・ってな方もいらっしゃるかも知れません。 ですので、すいません、実行は自己責任で・・・

というコトは、言わざるを得ません。

 

 

あと、

やすみん001流の新・視力回復法の第一段階の軸性近視を治す方法だと、下手すると、長期間の特殊な?痛み、苦しみを伴う可能性があるらしいわよ? 覚悟がいるわよ?

あはは(^^;)

 

 

 

屈折性近視の場合

自分の経験からすると(まだ進行中ではありますが(^^;))、

ゆっくり、ゆったり行えば、いわゆる筋肉痛などの苦痛を伴わないトレーニングは可能

と思います。

 

・・・が、

やはり短期間での視力回復は難しくなるんじゃないかしらねぇ?

と思います。

 

第一段階の眼軸トレーニングとは違って、

ハードなトレーニングを一回も無しでも、

それなりには効果はありそうな印象はありますが、

早い段階で頭打ちになるんじゃないでしょうか?

 

自分の第二段階の屈折性近視の回復訓練も、

ハード感のある状態でやって初めて、

壁をどんどん越えてる感じがあります。

 

自分の場合は、何十年も目が悪かったワケですから、

神経系が目覚めてないだけ!

とは言えません。

 

明らかに筋力不足な部分が多いでしょう。

 

その感覚を考えると、やんわり、ゆったりな

トレーニングで長期スパンで構えると、

本当に長期間かかるんだろうなぁ・・・

という気がしてます(^^;)

 

 

もちろん、症状が軽い場合は、この限りではありません。

 

 

ハードなトレーニング?

じゃあ、ハードなトレーニングを掲げてる視力回復法ってどんなのがある?

と聞かれると、

う〜ん・・・

となってしまいます。

 

ネットで話題になってる方法も幾つか眺めて見てますが、

残念ながら、自分が見てた範囲では見当たらなかったですね(^^;)

・・・と言うか、宣伝系が多すぎてうまく探せない・・・

ってのが正しいかも?

 

 

実際、自分の記事を検索するつもりで、

「新・視力回復法」と検索してみても、

 

何年も前の

「ためしてガッテン 5日でメガネいらずに-新・視力回復法の正体」

とかの記事達に邪魔されて(失礼)

全然、検索上位に載って来やしない(^^;)

多分、タイトル見て、ためしてガッテンのムチンでしょ!

とかなって、スルーされてるんだろうなぁ・・・

 

検索条件で「1年以内」とかやると、

さすがに「少し」出てくるけど、

普通の方はわざわざやらないですよね?

 

最初の方の記事でも書いたけど、

ホント、名前付け誤りましたね・・・(XX)

 

 

 

長期間の特殊な?痛み、苦しみを伴う可能性?

特に、

第一段階に位置付けている、

眼軸短縮のトレーニングですが、かなりハードです。

 

自分は、自己流の発声練習で、

首周り、背中、首の中が、普通の方よりは、

特殊な形で鍛えられてると思います。

 

新・視力回復のトレーニング時に、

ココ、発声の時に使う筋肉や構造だなぁ・・・

ってなトコを少なからず刺激してました。

 

記事にも書いてますが、実際、

視力回復の研究・模索・トレーニングに注力して、

しばらく歌ってなかったのに、

ボイス・トレーニングを続けてたかのように、

声質と響きが変わって、歌いやすくなってた!

ってな驚きもありました。

 

ハード!と言いながらも、

実際には、そんなにキツイと思わずに済んだのは、

これらのベースがあったからかも知れない、

と、ちょっと感じています。

 

ボイス・トレーニングの時も、結構、

痛み・苦痛を伴うような自己流トレーニングをしてましたので(^^;)、

それも、もしベースとなってるなら、

トレーニングはキツイかもね?

と思います(^^;)

 

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 新・視力回復理論|コア・メソッド〜軸性近視からの回復法(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

視力回復の記事、早く困る方より困ってる方々の目に届くようになりますように
プロフィール

やすみん001の研究部屋。40半ば過ぎののスモーカーなおっさん。失明恐怖から急遽視力回復の模索/研究を始め、視力0.02⇒1週間で0.4、2ヶ月で2.0(瞬間視力)に回復⇒視力アップ(変化)を画像でどうぞ。「軸性近視+不正乱視+斜視+複視、はたまた、眼精疲労や頭痛やドライアイ」から脱却出来る独自な視力回復法を有償化すべく模索中(課題や状況ちょっと書いてます⇒)。(自分の脱力さん賞賛で脱力法ベースと勘違いした方が居たので補足)真・視力回復法は、脱力法とは発想と実現手法が異なる視力回復法です(^^;)




アンケートつくりました。ブログ用なので規約上フォームとして貼り付け出来ません。>ランキングサイトに飛んじゃいますけど、出来ればご協力頂けると嬉しいです。ツイッター側でもアンケートやったりしてます。そちらもどうぞ。

 

 

inserted by FC2 system